ここから本文です

首位はブロックチェーン企業、SB投資先も多数ランクイン──海外スタートアップ資金調達額ランキング

11/21(木) 12:05配信

CoinDesk Japan

「海外スタートアップ企業の資金調達ランキング」(2019年1月~9月)で、首位はブロックチェーン企業のFundament Group(ドイツ)であること、上位22社のうち8社がソフトバンクかソフトバンク・ビジョン・ファンドの出資企業であることが分かった。

国別では多かったのはやはりアメリカ・中国

ランキングは、スタートアップを支援しているフォースタートアップ株式会社によるもの。同社は「STARTUP DB」(スタートアップデータベース)を公開しているが、今回は、2019年1月から9月までを対象とした「海外スタートアップ資金調達額ランキング」として発表された。データは19年10月15日時点で、設立20年以内で非上場の企業について、Crunchbaseをもとにまとめたという。

上位22社を国・地域別でみていくと、最も多かったのはアメリカで12社。全体の半数を上回った。続いて中国が3社(台湾除く、分類は発表者による)、イギリス2社などだった。

サービス領域別では、ECと自動運転が3社ずつ。AIやシェアリングサービスもランクインした。ブロックチェーン・暗号資産関連では、首位のFundament Groupのほか、大手仮想通貨取引所Bitfinex(台湾)も名を連ねた。

ソフトバンク系出資企業の8社は、4位のChehaoduo、7位のBytedance(以上中国)、8位のOneWeb、11位のGM Cruise、13位のThe We Company、Flexport、Uber Advanced Technologies Group(以上アメリカ)Rappi(コロンビア)だ。

海外スタートアップ資金調達ランキング

順位/社名/国・地域名/事業内容/調達額 | 1 Fundament Group(ドイツ)不動産トークン販売など 74億ドル | 2 Argo AI(アメリカ)自動運転 26億ドル | 3 Stone Canyon Industries(アメリカ)輸送・物流業務支援 18億ドル | 4 Infor(アメリカ)企業向けソフト「Infor M3」 15億ドル | 4 Chehauduo(中国)中古車販売プラットフォーム開発 15億ドル | 6 T3 Mobile Travel Services(中国)カーシェアリング開発 14.5億ドル | 7 ByteDance(中国)TikTokなど 13億ドル | 8 OneWeb(アメリカ)低軌道コンステレーション開発 12.5億ドル | 9 LANDBAY(イギリス)住宅ローンP2P貸付プラットフォーム 12.3億ドル | 10 Avito(ロシア)ロシア最大のC2Cサイト「Avito」 11.6億ドル

11 GM Cruise(アメリカ)自動運転開発、GM傘下 11.5億ドル | 12 Freeport LNG(メキシコ)天然ガス液化加工 10.3億ドル | 13 The We Company(アメリカ)コワーキングスペース 10億ドル(以下同) | 13 Rappi(コロンビア)宅配アプリ | 13 The Hut Group(イギリス)Webサイト運営 | 13 Verify(アメリカ)ライフサイエンス、Alphabet傘下 | 13 Bitfinex(台湾)香港が本拠の仮想通貨取引所 | 13 Flexport(アメリカ)物流テック開発 | 13 Uber Advanced Technologies Group(アメリカ)自動運転開発、Uber事業部スピンアウト | 13 Absaroka Energy(アメリカ)再生可能エネルギー開発 | 13 Altavair(アメリカ)航空関係品開発 | 13 Discovery Midstream(アメリカ)原油・天然ガスの調達・加工

文・編集:濱田 優 | 写真:Shutterstock.com

CoinDesk Japan 編集部

最終更新:11/21(木) 17:44
CoinDesk Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事