ここから本文です

売れ筋モデル「ノート」人気急落? 台数低迷と生産終了で日産はどうなるのか

11/21(木) 7:10配信

くるまのニュース

日産の売れ筋「ノート」なぜ販売低迷したのか

 日産「ノート」といえば、2018年の年間販売台数(登録車)で一番売れたクルマです。そのなかでも電動パワートレインのe-POWERを搭載したモデルは、絶大な人気を誇っています。

【画像】来年初夏に登場か? 日産の新型SUV!(38枚)

 しかし、この人気に陰りが見えてきたのか、2019年10月の販売台数順位では6位まで後退しています。日産の売れ筋モデルのノートに何が起こっているのでしょうか。

 ノートは、2012年に現行型となる2代目モデルが登場しています。当時も売れているコンパクトカーではありましたが、現在ほどの人気はありませんでした。

 しかし、2016年11月にe-POWER搭載車の追加によって売れ筋モデルの常連になります。その後も、順調に販売台数を伸ばして前述の2018年で一番売れた登録車となりました。

 この際、e-POWER搭載車は2016年11月の発売から2018年12月までの累計で20万台を達成したほか、2018年上半期(1月から6月)に48年ぶり(1970年上半期「サニー」以来)に国内登録車の首位になるなど日産を代表するモデルです。

 日産は、ノート e-POWERについて、「e-POWERの100%モーター駆動ならではの力強くスムーズな走行性能と優れた静粛性に加え、アクセルペダルの踏み戻しだけで加速から減速までを意のままにおこなうことが出来る新感覚の走行モード『e-POWER Drive』が高い評価を得ました。 実際にノートをご購入されたお客さまの約7割が、e-POWER搭載車を選択されています」とコメントしています。

 また、2019年でも1月から3月の販売台数は月間1万台以上で首位になっているほか、トヨタ「プリウス」「アクア」と攻防しつつ上位を維持。その後も販売台数の波はあれど、月間7000台を下回ることはありませんでした。

 しかし、前述のとおり同年10月では、全体6位の5263台を記録して大幅に販売台数を落としています。その理由について、日産の販売店スタッフは次のように話します。

「10月は消費税が8%から10%になったことでノートに限らず全体的に販売台数は落ち込んでいます。当店だけでなく、他社も含めて減少傾向にあるので、そのあたりは想定内です。

 しかし、消費税10%になった後にライバルとなるトヨタ『ヤリス』やホンダ『フィット』の新型モデルがお披露目されたことで、お客さまの関心はそっちに移っているようです。

 実際の発売は両車ともに2020年2月とのことですが、車両詳細が出てから検討するというお客さまも出ています。正直、e-POWER搭載車の走行感覚はかなりオススメできるものですが、ベースとなるノートが2012年の当時からもうすぐ8年目となるため、設計が古いことは否めません」

※ ※ ※

 2019年初旬には、「日本一売れている登録車」としてテレビCMが流れていました。2020年には、「2019年で一番」といえるか、ライバル車の動向含めて注目です。

1/2ページ

最終更新:11/23(土) 15:15
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事