ここから本文です

アスピリクエタ、恩師モウのスパーズ就任を祝福「ライバルチームに行ってしまっても」

11/21(木) 12:20配信

超WORLDサッカー!

チェルシーに所属するスペイン代表DFセサール・アスピリクエタが、ジョゼ・モウリーニョ監督のトッテナム指揮官への就任を歓迎した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

これまでの指導者キャリアを通じて25個ものタイトル獲得を成し遂げてきたサッカー界屈指の名称であるモウリーニョ。2018年末にマンチェスター・ユナイテッドを去って以降、フリーが続いていたが、約1年の休養を経て、20日、マウリシオ・ポチェッティーノ前監督の後任としてトッテナムの指揮官に就任した。

モウリーニョ監督のプレミアリーグ帰還にかつての教え子も歓喜。2013年から2015年までチェルシーで共闘したアスピリクエタは、同監督の再就職を祝福した。

「彼がライバルチームに行ってしまったとしても、彼が最高であることを願っているよ。僕と彼の間には、良い思い出があるし、仲間としても対戦相手としても、多くプレーしてきた」

「当然、僕らが対戦する時、自分のチームのために勝ちたいと思う。それがサッカーだよ」

「彼は素晴らしい監督だし、プレミアリーグがこの15年間で最も成功した監督の一人を復帰させたことは素晴らしいことだよ。彼の成功を願っている」

超WORLDサッカー!

最終更新:11/21(木) 12:20
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事