ここから本文です

どうなる、侍Jの東京五輪メンバー 選手枠「-4」でも周東は「一番外せない」!?

11/21(木) 11:53配信

Full-Count

プレミア12で「28」だった選手枠が「24」に、ピッチャーも削る必要が…

 17日まで行われていた「第2回 WBSC プレミア12」で見事、世界一に輝いた野球日本代表「侍ジャパン」。次の目標は来年の東京五輪での金メダル獲得。ただ、プレミア12では28人だった登録人数が、東京五輪では24人と4人も減る。稲葉篤紀監督は、まずはメンバー選考で頭を悩ませることになりそうだ。

【動画】「思い込めました!! よかったらみてください」鷹ガール書道家・原愛梨さんが繊細タッチで描いた侍ジャパン世界一記念アート映像

 では、侍ジャパンはどのようなメンバー構成で“本番”に臨むべきなのか。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、昨季まで2年間はヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏は「まずキャッチャーは2人になるでしょう」と予想。さらに、「ピッチャーも削る必要があるかもしれない」と見ている。

「今回いなかった菅野、千賀を中心にローテーションを組むことができれば、中継ぎ枠を1つ削れるでしょう。この2人が万全の状態で選ばれれば、7回くらいまではいけるはずなので、セットアッパー、クローザーに直接つないでくれる可能性が高い。今回はセットアッパーだった山本もオリックスでは先発です。オリンピックはシーズン中に行われるので、先発で使ってくれ、という話になるかもしれない。イニングが計算できる菅野、千賀、山本、今永あたりでローテーションを組めると、投手の人数を削ることができるのではないでしょうか。

 後ろは、今回結果を残した甲斐野、山崎に加えて、中川あたりを『勝利の方程式』に入れるのか。他には、今回入らなかったソフトバンクの森や、左ではDeNAの石田あたりも落ちる球があるので面白いと思います。あとは、今回のメンバーでは高橋礼は救援でも使えますし、長いイニングも投げられる投手として欲しいところでしょう。いずれにしても、投手の数が減れば、勝ちパターンのピッチャーがビハインドで投げたり、7回、8回、9回を3人ではなく2人で乗り切る、ということも考えなくてはいけません」

 ただ、日本の強みが投手陣であることに変わりはない。野口氏は「菅野、千賀次第ではありますが、強い投手陣が組めると思います」と太鼓判を押す。

1/2ページ

最終更新:11/21(木) 11:53
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事