ここから本文です

DeNA関根、チーム10連勝で前期首位ターン 後期は外国人枠争に「これからが大事」

11/21(木) 9:57配信

Full-Count

「1番・中堅」で出場し4打数1安打、チームは勝利し10連勝をマーク

 横浜DeNAベイスターズの関根大気外野手がプレーしているメキシコ・ウインターリーグのヤキス・デ・オブレゴンが19日(日本時間20日)、敵地で行われたトマテロス・デ・クリアカンに4-3で勝利して10連勝を飾り、通算22勝11敗で、2試合を残し、前期リーグ単独首位ターンを決めた。関根は「1番・中堅」でフル出場し、4打数1安打、2得点、1盗塁。ここまでの通算成績は打率2割8分、出塁率はリーグ17位の3割7分で、リーグ6位タイの21得点、同2位タイの11盗塁と、リードオフマンとしての役割を果たしている。

【動画】DeNA関根が異国の地で4安打と躍動! 鮮やかに流し打ちで三塁線を破ったタイムリー二塁打の瞬間

「まだ実感はないが、単独首位で折り返せてよかった。1勝1勝嬉しかった。自分が貢献できなかった日も、ほかの選手が助けてくれて10連勝できた。もっと僕も頑張らないといけないなと改めて思った。勝っている時も負けが込んでいる時も(試合には)流れがある。負けている流れの時に、いかに皆で勝てる空気を作っていくことが大事だなと改めて感じた」

 初回、右前打で出塁し、二盗を決めた後、BCリーグの石川、信濃でもプレーした4番指名打者のヘスス・バルデスの適時打で先制のホームを踏むと、3-2で迎えた5回にも先頭打者として四球で出塁し、犠飛で4点目のホームイン。接戦の中で貴重な追加点を挙げた。3回には球場の照明が落ち、試合が約20分間中断するハプニングもあったが、慌てることなく冷静だった。

 相手のクリアカンは同リーグの強豪チームの1つ。元広島のラミロ・ペーニャ内野手、昨年、ドーピング規定違反でNPBから1年間の出場停止処分を受け、オリックスから契約を解除されたジョーイ・メネセス内野手、プレミア12にメキシコ代表として出場し、帰国したばかりのホセ・バルガス内野手ら、実力揃いの選手たちが名を連ねるチームが相手だったが、連勝中の勢いは止まらなかった。

 2回には1死一、三塁のチャンスで右邪飛に倒れ、6回にも2死満塁の場面で三振に終わったこともあり「今日は個人的には納得していなくて、犠飛が打てなかったり、自分ができることをやりきれずに終わってしまったので、10連勝はもちろん嬉しいが、こういう時だからこそ、自分ももっとしっかりやらないといけないなと感じている」と、反省点も口にした関根。だが、それでもしっかりと定位置を掴み、先頭打者としての役割を果たし続けてきたことが、この日の前期リーグVへとつながった。

1/2ページ

最終更新:11/21(木) 9:57
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事