ここから本文です

西武辻監督がオーナー報告 海外FA秋山がメジャー移籍なら「金子をセンター」

11/21(木) 12:57配信

Full-Count

「来年は3連覇、そして日本一を目指して頑張ります」

 西武の辻発彦監督が21日、今シーズン終了の報告のために都内の西武ホールディングス本社を訪問し、取締役社長の後藤高志オーナーと会談した。辻監督は「来年は3連覇、そして日本一を目指して頑張ります」と悲願達成へ強い意欲を口にした。

【画像】メットライフドームエリア改修前後の予定図と各施設の完成予定時期

 2年連続でリーグ優勝を成し遂げながらも日本一の座を逃している西武。辻監督は「もっと厚みのあるチームにしないといけない」と短期決戦を勝ち抜くための課題を挙げた。

 中堅手・秋山が海外FA権を行使してのメジャー挑戦を表明しているが指揮官は「そうなった場合は金子をセンターにしようと思っている」と今季自身2度目の盗塁王に輝いた俊足とそれを活かした広大な守備範囲を誇る金子侑を後継者に指名。

 両翼は激しいポジション争いが予想されるが、「愛斗や戸川がいいものを見せてくれた。鈴木も頑張っていたし、使える選手の中で競争してもらって、出てくる選手がいれば」と秋季キャンプで頭角を見せていた若手外野手たちに発破をかけた。また、「山野辺もいるし、外崎が外野をやってということも考えられる」と複数のオプションも用意し来季へ見据えていた。

安藤かなみ / Kanami Ando

最終更新:11/21(木) 12:57
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事