ここから本文です

清原弁護士、沢尻容疑者の尿検査「陰性」で毛髪検査の可能性に「毛髪鑑定が使用剤の有罪立証を裏付ける証拠となるのはほとんどないと思ってもいい」

11/21(木) 14:42配信

スポーツ報知

 21日放送のフジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)では、麻薬取締法違反の疑いで逮捕された女優・沢尻エリカ容疑者(33)の尿検査が「陰性」だったことを報じた。

【写真】12年ぶりグラビアで水着披露も…

 今後、毛髪検査が行われ陽性が出た場合について清原博弁護士は「毛髪鑑定が使用剤の有罪立証を裏付ける証拠となるのはほとんどないと思ってもいいと思うんですよね」とコメント。

 「裁判にはルールがあって。使用した時期をきちんと特定しなければ起訴しちゃいけませんよとルールがあって」とした上で、「なぜかというと、例えば3か月間でいつか分からないけど使いましたなんて起訴を許したら、もし私が3か月間一切使ってませんという事を言わなければいけない。でも3か月間も薬物を使っていない事を立証するのは難しいですよ。やっぱり検察官が、あなたは何月何日に使ったでしょって言われた時に、被告側がそうじゃないです、何月何日はどこどこに行っていたので絶対にあり得ませんとか、防御が出来るわけですよ。ところが3か月間、その内のどこかで使ったでしょと言われたら、防御出来ないんですよ、被告にはね。そういう事で有罪になったらあまりにかわいそうじゃないですかという事で、裁判のルールとしては検察官は起訴するならば、使用した日時を特定しなさいと。毛髪鑑定は特定できないから、これを証拠に使用罪を立件するのはダメですよというのが一般的な考え方ですね」と説明した。

報知新聞社

最終更新:11/21(木) 14:47
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事