ここから本文です

マイナス金利の痛み、感じる顧客は拡大も-UBSエルモッティCEO

11/21(木) 16:55配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): スイスの銀行UBSグループのセルジオ・エルモッティ最高経営責任者(CEO)は、マイナス金利の痛みを感じる顧客が増える可能性があると発言した。最も小口の預金者は守られると付け加えた。

同CEOは北京で開催中のニューエコノミー・フォーラムに際してインタビューに答え、低金利が長期化しさらに低下する恐れもある中で、マイナス金利のコストを顧客により多く転嫁する以外に「選択の余地がない」かもしれないと語った。ただ、「小口のパーソナルバンキング顧客には転嫁しない」と強調した。

マイナス金利を転嫁する水準となる「ハードルは、今はまだ非常に高い」とエルモッティCEOは指摘した。「現時点での予測は難しいが、小口投資家が対象になるほどまで下がらないとほぼ確信している」とも語った。

ニューエコノミー・フォーラムは、ブルームバーグ・ニュースの親会社であるブルームバーグ・エル・ピーの1部門であるブルームバーグ・メディア・グループが開催している。

原題:UBS CEO Ermotti Warns Pain From Negative Rates May Spread(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Bloomberg News

最終更新:11/21(木) 16:55
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事