ここから本文です

無敗首位のリバプール、サラーとロバートソンがパレス戦欠場へ

11/21(木) 7:43配信

ゲキサカ

 リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーとスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンがクリスタル・パレス戦を欠場するようだ。英『スカイ・スポーツ』が報じている。

 サラーとロバートソンの両選手は足首を負傷しており、代表ウォークの間、クラブに残って治療に努めてきた。しかし、23日にアウェーで行われるパレス戦に間に合わない見込みだ。今季プレミアリーグでサラーは6ゴール3アシスト、ロバートソンは1ゴール4アシストを記録。無敗(11勝1分)で首位を走るチームを牽引していただけに痛い欠場となる。

 また、膝を痛めているDFジョエル・マティブは引き続き欠場。一方で、MFジョーダン・ヘンダーソンとDFジョー・ゴメスはプレー可能とのこと。前者はウィルス性疾患、後者は膝の問題でイングランド代表を離脱していた。また、ふくらはぎを負傷していたMFシェルダン・シャキリがトレーニングに復帰したようだ。

最終更新:11/21(木) 7:43
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事