ここから本文です

久保建英、“2020年注目の若手20名”に選出!英紙「彼のキャリアは波乱に満ちている」と紹介

11/21(木) 11:00配信

ゲキサカ

 英『デイリー・メール』が2020年に注目すべき若手20名を選出。マジョルカに所属する日本代表MF久保建英(18)がアジア出身では唯一選出された。

 バルセロナの下部組織に所属していた久保は、クラブが18歳未満の外国人選手獲得・登録違反で国際サッカー連盟(FIFA)から制裁を受けた影響で2015年に退団。日本に戻ってFC東京や横浜F・マリノスで経験を積み、今年6月4日に18歳の誕生日を迎えたことを受け、レアル・マドリーへの移籍が決まった。

 現在は期限付き移籍でマジョルカに所属し、ここまで公式戦10試合で1ゴール1アシストを記録している久保。同紙は「久保は18歳にすぎないが、彼のキャリアはすでに波乱に満ちている」と紹介し、「バルセロナを激怒させるレアル・マドリーと契約。“日本のメッシ”と呼ばれる久保は、ついにスペインのトップリーグでチャンスをつかみ、マジョルカにレンタル移籍した」と綴った。

 久保のほかに、バルセロナ史上2番目の若さでトップデビューを果たしたFWアンス・ファティ、今夏にバルセロナの下部組織からパリSGに移籍したMFシャビ・シモンズ、今年9月にマンチェスター・シティで初出場を果たしたDFエリック・ガルシアらが選ばれている。

 同紙が選出した2020年に注目すべき若手20名は以下の通り。

MFケネス・ テイラー(オランダ/アヤックス)
MFシャビ・シモンズ(オランダ/パリSG)
FWトロイ・パロット(アイルランド/トッテナム)
DFエリック・ガルシア(スペイン/マンC)
FWアンス・ファティ(スペイン/バルセロナ)

FWウィレム・ジュベル(フランス/モナコ)
FWリンコウン(ブラジル/フラメンゴ)
MFセルヒオ・ゴメス(スペイン/ウエスカ)
MF久保建英(日本/マジョルカ)
GKガブリエウ・ブラゾン(ブラジル/アルバセテ)

MFロマリオ・バロ(ポルトガル/ポルト)
DFエドゥアルド・カマヴィンガ(フランス/レンス)
MFアディル・アオチシ(フランス/パリSG)
FWチャーリー・ブラウン(イングランド/チェルシー)
MFモハメド・イハッターレン(オランダ/PSV)

FWパブロ・モレノ(スペイン/ユベントス)
FWセバスティアーノ・エスポジト(イタリア/ミラン)
FWソンチェ・ハンセン(オランダ/アヤックス)
MFドミニク・ソボスライ(ハンガリー/ザルツブルク)
FWパウリーニョ(ブラジル/レバークーゼン)

最終更新:11/21(木) 11:02
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事