ここから本文です

世界に2153人いるビリオネアが、1人しかいない13カ国

11/22(金) 8:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

フォーブスによると2019年、世界には2153人のビリオネア(資産10億ドル以上の人)がいるという。

【全画像をみる】世界に2153人いるビリオネアが、1人しかいない13カ国

その多くがアメリカ、中国、ドイツ、ロシア、イギリスといった国に集中している。

一方、アイスランド、ポルトガル、カタールなどのように、たった1人のビリオネアしかいない国もある。

Business Insiderは、フォーブスのビリオネアランキングから1国に1人だけのビリオネアを抜き出し、彼らの資産とその母国の国内総生産(GDP)とを比較した。

リヒテンシュタイン唯一のビリオネアの資産は、同国のGDPのおよそ半分に相当する。

フォーブスによると2019年、世界には2153人のビリオネア(資産10億ドル以上の人)がいるという。

このような超富裕層の人々は、アメリカ、中国、ドイツ、イギリスといった国に集中している。その数はアメリカが705人と最も多く、2番目は中国の285人、3番目はドイツの146人と推計されている。一方、たった1人のビリオネアしかいない国もある。Business Insiderは、フォーブスのビリオネアランキングから1国に1人だけのビリオネアをピックアップして、彼らの資産とその母国の国内総生産(GDP)とを比較した(ワールドバンクのデータを利用した)。

例えば、リヒテンシュタイン唯一のビリオネアの資産は、同国のGDPのおよそ半分に相当する。また、エスワティニ王国(旧国名:スワジランド王国)で最も裕福な男性の資産は、同国のGDPを6億ドル上回っている。

1国に1人だけ、13カ国のビリオネアを見てみよう。

アルジェリア:イサード・リブラブ(Issad Rebrab)

純資産:38億ドル(約4100億円)

GDPに占める割合:2.1%以下

収入源:食品産業

イサード・リブラブはアルジェリア最大の株式非公開会社、Cevitalの創設者兼CEO。同社は世界でも最大規模の製糖所を有し、イタリアの製鉄所、フランスの電化製品メーカー、ドイツの浄水設備企業を買収した。同氏の5人の子息は、全員Cevitalで勤務している。

アンゴラ:イザベル・ドス・サントス(Isabel dos Santos)

純資産:22億ドル(約2400億円)

GDPに占める割合:2.0%以下

収入源:投資

イザベル・ドス・サントスは、2017年にアンゴラの大統領の座から退いたジョゼ・エドゥアルド・ドス・サントスの長女。フォーブスによると、彼女は父が大統領職にある間に、アンゴラの銀行や通信企業の株式を取得したという。

ジョージア:ビジナ・イヴァニシヴィリ(Bidzina Ivanishvili)

純資産:49億ドル(約5300億円)

GDPに占める割合:30.2%以下

収入源:投資

ビジナ・イヴァニシヴィリは、ロシアにいた頃に金属産業や銀行業で資産を形成し、後にジョージアに帰国した。2012年から2013年にかけての13カ月、ジョージアの首相を務めた。

アイスランド:ビョルゴフル・トール・ビョルゴルフション(Björgólfur Thor Björgólfsson)

純資産:22億ドル(約2400億円)

GDPに占める割合:8.5% 以下

収入源:投資

ビョルゴフル・トール・ビョルゴルフションは、ロシアのビール産業で資産を築いた。そしてBravo breweryを共同設立し、Botchkarov beerをブランド化した。

同氏はポーランドとチリの通信企業や暗号通貨、そしてZwift、 BeamUp、Deliverooといったスタートアップに投資している。

2008年の金融危機には、10億ドル以上の負債を返済しなくてはならず、
破産状態
に陥った。

となり、

クウェート:クタイバ・アルガニム(Kutayba Alghanim)

純資産:14億ドル(約1500億円)

GDPに占める割合:0.9%以下

収入源:多角経営

クタイバ・アルガニムは、父が1930年代に設立した複合企業、アルガニム工業(Alghanim Industries)の会長を務める。同社はクウェートでゼネラルモーターズやフォードの車を販売するほか、中近東でウェンディーズを展開するなど、多角的な経営を行っている。

リヒテンシュタイン:クリストフ・ツェラー(Christoph Zeller)

純資産:30億ドル(約3300億円)

GDPに占める割合:48.2%以下

収入源:歯科製品

クリストフ・ツェラーは、リヒテンシュタインを拠点とし、25カ国に支社を展開する歯科材料総合メーカーIvoclar Vivadent AGの元CEOで、現在は役員を務めている。同社はツェラーの祖父であるアドルフ・シュナイダー(Adolph Schneider)博士が1948年に買収した。ツェラーは1990年から2003年までCEOを務めた。

ネパール:ビノド・チャウダリ(Binod Chaudhary)

純資産:17億ドル(約1800億円)

GDPに占める割合:5.9%以下

収入源:多角経営

ビノド・チャウダリは、アジアで人気のワイワイヌードルの製造や、30ものホテルの運営、その他55以上の事業を展開する多国籍企業、チャウダリ・グループの所有者。彼の2人の息子も事業運営に加わっている。

ポルトガル:マリア・フェルナンダ・アモリン(Maria Fernanda Amorim)

純資産:49億ドル(約5300億円)

GDPに占める割合:2.0%以下

収入源:エネルギー、投資

マリア・フェルナンダ・アモリンはアメリコ・アモリン(Americo Amorim)と結婚した。アメリコ・アモリンは、家業のコルクビジネスを展開するCorticeira Amorimのほか、エネルギー産業や銀行への投資により富を築いた。2017年にアモリン氏が亡くなり、マリアと3人の娘が遺産を引き継いだ。彼女はポルトガルの石油ガス会社Galp Energiaの株式も18%所有していると見られている。

カタール:ファイサル・ビン・カシム・アル・タニ(Faisal Bin Qassim Al Thani)

純資産:12億ドル(約1300億円)

GDPに占める割合:0.6%以下

収入源:ホテル、その他

ファイサル・ビン・カシム・アル・タニは、Al Faisal Holdingの創設者兼会長。同社はカタール最大級の複合企業であり、世界各地で20以上のホテル経営を行っている。ワシントンD.C.とマイアミにあるセントレジスホテルや、ロンドンのWホテルも同社の系列だ。同社は、医療用品や医薬品を販売するAamalの株式の過半数を所有し、カタールに不動産も所有している。

ルーマニア:イオン・ティリアック(Ion Tiriac)

純資産:11億ドル(約1200億円)

GDPに占める割合:0.4%以下

収入源:金融、保険

イオン・ティリアック氏は、ルーマニアの保険会社Allianz-Tiriacの少数株主で、自動車販売業、石油産業、不動産業にも投資している。

エスワティニ王国(旧国名:スワジランド王国):ネイサン・カーシュ(Nathan Kirsh)

純資産:53億ドル(約5800億円)

GDPに占める割合:112%以下

収入源:小売、不動産

ネイサン・カーシュは、小売店やレストランに品物を卸すJetro Holdingsの株式70%を保有している。また、商業用不動産開発にも投資している。

タンザニア:モハメド・デュージ(Mohammed Dewji)

純資産:19億ドル(約2100億円)

GDPに占める割合:3.3%以下

収入源:多角経営

モハメド・デュージは、タンザニアの複合企業METLのCEOを務める。同社は彼の父が1970年代に設立。少なくともアフリカの6カ国で繊維業や製粉業、飲料や食用油の製造業を行っている。2016年、デュージ氏は財産の半分以上をチャリティに寄付することを誓った。

2018年10月、同氏は銃で脅されて誘拐され、9日間監禁されたと報じられた。

ジンバブエ:ストライブ・マシイーワ(Strive Masiyiwa)

純資産:28億ドル(約3000億円)

GDPに占める割合:9.0%以下

収入源:通信業

ストライブ・マシイーワは、モバイルネットワークを提供するEconet Wireless Zimbabweの創設者であり、同社の株式50%を保有する。さらに、光ファイバーや衛星通信サービスをアフリカ各地の通信企業に提供するLiquid Telecomの株式も、50%以上保有している。

[原文:13 countries that have only one billionaire]

(翻訳:仲田文子、編集:Toshihiko Inoue)

Katie Warren

最終更新:11/22(金) 8:10
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事