ここから本文です

アニメ映画「音楽」に山田孝之、斉藤和義らが応援コメント ドレスコーズ主題歌の予告編公開

11/22(金) 15:00配信

CDジャーナル

アニメ映画「音楽」に山田孝之、斉藤和義らが応援コメント ドレスコーズ主題歌の予告編公開

アニメ映画「音楽」に山田孝之、斉藤和義らが応援コメント ドレスコーズ主題歌の予告編公開

 映像化不可能と言われた大橋裕之の自費出版漫画を、岩井澤健治監督が長編アニメーション化したロック奇譚アニメーション映画「音楽」が、2020年1月11日(土)より東京・新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開決定。予告編ならびに第1弾として山田孝之、斉藤和義ほか豪華著名人の応援コメントが公開されています。

 楽器を触ったこともなかった不良たちが、思いつきでバンドを組むところから始まる本作品は、ほぼ独力による製作期間7年超、作画枚数は実に40,000枚超、71分を全て手描きにて制作。クライマックスの野外フェス・シーンをダイナミックに再現するため、実際にステージを組みミュージシャンや観客を動員してのライヴを敢行と、分業制やCG制作が主流のアニメーション制作において、何もかもが前代未聞の長編アニメーション・プロジェクト。特報映像は発表後3日間で50万回再生突破、〈オタワ国際アニメーション映画祭〉では、長編コンペティション部門でグランプリを受賞しています。坂本慎太郎、駒井 蓮、前野朋哉、芹澤興人、平岩 紙、竹中直人、岡村靖幸といった豪華声優陣の参加や、ドレスコーズによる主題歌「ピーター・アイヴァース」が流れる予告編が公開され話題となっています。

 本作品について俳優の山田孝之は「最高だった。こんな衝動的で官能的な作品を綺麗な言葉でまとめる事なんてできない。“音楽”だったし“映画”だった。感動した。興奮した。感心した。嬉しくなった。この作品を心に留めておきたいから言葉を出したくない。ばーか」とコメント。斉藤和義は「なんだこれは!!笑いながら音楽の原点を見れる!最高です!」とコメントしています。

 また、12月11日(水)に愛知・名古屋TOKUZO、12月12日(木)に東京・新宿武蔵野館にて、監督・岩井澤健治、原作・大橋裕之らが登壇する先行上映&トーク・イベントが開催されます。チケット等の詳細は公式サイトをご確認ください。

[コメント]※順不同・敬称略
最高だった。
こんな衝動的で官能的な作品を綺麗な言葉でまとめる事なんてできない。
"音楽"だったし"映画"だった。
感動した。興奮した。感心した。嬉しくなった。
この作品を心に留めておきたいから言葉を出したくない。ばーか。
――山田孝之(俳優)

なんだこれは!!
笑いながら音楽の原点を見れる!
最高です!
――斉藤和義(ミュージシャン)

デカいアニメ会社がヒイヒイ言いながら得られずにいる自由を、
これだけの少人数でストイックに獲得した映画は、僕は観たことがない。
余計なものはいらない。
作りたい人たちだけで作られたピュアさが眩しい作品。
――岩井秀人(作家・演出家・俳優)

原作漫画を読んだ時に感じた、音楽をやりたい、
やろうと思った時に人生に訪れるあの感じ、がこの映画にも刻まれていると感じました。劇中の音楽が、演奏シーンが、全部ちゃんとかっこいい。
漫画そのもので高揚した。
「古美術」の森田くんが可愛くて大好きです!
――押見修造(漫画家)

岩井澤くんの淡々とした執念が青空の雲のように漂う。
――いとうせいこう(作家・クリエーター)

めっっっっっっちゃいいぃい!!!!
夾雑物が一切入っていない。
これは僕が心より愛する「音楽=映画」そのものです!
――森直人(映画評論家)

オタワ国際アニメーション映画祭受賞は、単に質が高かったから--だけではないはず。“ジャパニメーション”の既成概念を更新する者の登場を、世界が待ち望んでいた証だ。引き算で物語の本質を浮かび上がらせる手法は、
平成の日本映画界を牽引した北野武監督のごとく。
業界の未来を切り拓く異端児は、いつもあさっての方向からやってくる。
――中山治美(映画ジャーナリスト)

登場人物の多彩な魅力を損なうことがない、そぎ落とされたストーリーテリングの勝利。カットの完璧なタイミング、デザインの簡潔性、
アニメーションというメディアに対する喜びに満ちた祝辞であることに特に感銘を受けた。
――オタワ国際アニメーション映画祭 受賞コメント

©大橋裕之/ロックンロール・マウンテン/Tip Top

最終更新:11/22(金) 15:00
CDジャーナル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事