ここから本文です

スクエアプッシャー、5年ぶりのニュー・アルバム『BE UP A HELLO』を1月に発表

11/22(金) 15:00配信

CDジャーナル

スクエアプッシャー、5年ぶりのニュー・アルバム『BE UP A HELLO』を1月に発表

スクエアプッシャー、5年ぶりのニュー・アルバム『BE UP A HELLO』を1月に発表

 レーベルメイトのワンオートリックス・ポイント・ネヴァー、ビビオとともに出演した、11月はじめのワープ30周年記念イベント〈WXAXRXP DJS〉でアッパーな高速ドリルンベース・セットを披露し、満員のオーディエンスを熱狂させたスクエアプッシャー(SQUAREPUSHER)が、5年ぶりのニュー・アルバム『BE UP A HELLO』を2020年1月31日(金)に発表します。

 日本盤(CD BRC-624 2,200円 + 税)にはボーナス・トラックを追加収録するほか、解説書を封入。また、数量限定のTシャツ付き(CD + Tシャツ BRC-624T 5,500円 + 税)もあります。アルバムからは先行シングル「Vortrack」とみずからリミックスした「Vortrack(Fracture Remix)」が公開中。この2曲を収録する12インチが12月6日(金)に発売されます。

 90年代のアナログ機材を用い、直感と初期衝動に従って一気に完成させた新作について、スクエアプッシャーは「自分がエレクトロニック・ミュージックを書き始めた頃、つまり90年代に自分が使っていた、そういう機材を使って新作を作りたいと思った。とにかくやりたかったのは、何かに取り組み、仕上げ、そして次に進む、ということ。今回のアルバムは直球で、インパクトに満ちた響きにしたかったんだ。」とのコメントを発表しています。

 アルバム・ジャケットは、映像クリエイターのザック・ノーマンと、スクアプッシャーことトム・ジェンキンソンがデザイン。『Do You Know Squarepusher』(2002年)以来初めて、スクエアプッシャーのアイコニックなロゴが使われています。

Photo by Donald Milne

最終更新:11/22(金) 15:00
CDジャーナル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事