ここから本文です

【ジャパンC】“ディープインパクトメモリアル”に産駒マカヒキで挑む武豊

11/22(金) 6:00配信

デイリースポーツ

 「ジャパンC・G1」(24日、東京)

 7月30日に急逝した7冠馬ディープインパクトを称えて、今年のジャパンCは『ディープインパクトメモリアル』の副題を付けて実施される。ディープインパクト産駒はジャパンCで3勝。今年は5頭の産駒が、15年ショウナンパンドラに続く4勝目を狙う。

【写真】菊花賞を制し、三冠を達成したディープインパクトと武豊

 ディープといえば、武豊騎手(50)=栗東・フリー。デビューから14戦全ての手綱を取り、その強さを「飛ぶ」と表現。背中の感触を独り占めにした。G1・6勝目となった06年ジャパンCは、“史上最強馬”を印象付けたレースだった。

 今年は16年のダービー馬マカヒキとコンビを組む。「ディープインパクト産駒で、(同じ)金子オーナーの馬で出られるので頑張りたいですね。ディープの子は5頭でしょ。金子オーナーは4頭も?すごいよ。この時季になるとディープの話を求められて、年末はオグリキャップ。恒例行事やね」と笑う。

 前走の天皇賞・秋は10着だったが、実力はこんなものじゃない。「前走は脚がたまらない展開。2400メートルの方がいい。勝利から遠ざかっているけど、ダービーを勝った舞台なので」。自身のジャパンC5勝目へ、おなじみの勝負服で、父子制覇に挑む。(デイリースポーツ・井上達也)

最終更新:11/22(金) 11:02
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ