ここから本文です

マーリンズを戦力外のチェン 中日復帰はあるのか

11/22(金) 16:33配信

東スポWeb

 元中日で米大リーグ・マーリンズのチェン・ウェイン投手(34)の古巣復帰を熱望する声が中日内から出ている。

 20日(日本時間21日)、マーリンズはチェンをメジャー40人枠から外す事実上の戦力外通告を行ったと発表。今後はトレードかウエーバーにかけられ、獲得球団がなければマイナー降格か自由契約となる。

 チェンはメジャー8年間で59勝51敗。オリオールズに入団した2012年に12勝(11敗)、14年は16勝(6敗)、15年にも11勝(8敗)をマーク。16年1月にマーリンズと5年総額8000万ドル(約88億円)の大型契約を結んだが、故障などに苦しみ、一昨季は9試合の登板にとどまり2勝1敗、昨季は6勝12敗、防御率4・79。今季は先発から外され、中継ぎだけで45試合に登板したが、0勝1敗、防御率6・59と結果を残せなかった。

 中日内では「チェンを獲得するべき。もともと大豊さんのツテで台湾の大学生のまま入団した。左ヒジを疲労骨折したりして一時は育成契約になったりしたけど、そこからあそこまでのメジャーリーガーになった苦労人だからね。ウチの若い選手にもいろいろ話をして夢を与えてやってほしい」と切望する。

 今季の成績が振るわず、来季が背水の陣となる山井や吉見らの復活の要因の一つとしても期待されている。チーム関係者は「チェンが戻ってくれば若手だけじゃなくてベテランの刺激にもなるはず。特に吉見はチェンの兄貴分だったし、また同じチームになれば、お互いに負けられないという気持ちになって相乗効果となるのでは」とみている。

 チェン獲得の可能性について、加藤球団代表は「ドラゴンズに縁があった選手だからね。調査はします。本当に投げられるかどうか、どれぐらいの年俸で、球速が140キロ出るのかとか、調べられる範囲で調べて、現場の監督にどうするのかを聞いた上で、動くのか、動かないのかを決める」と興味は持っている。大物メジャーリーガー・チェンの古巣復帰は実現するか…。

最終更新:11/22(金) 16:36
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事