ここから本文です

<土屋太鳳>女優としての「現在地」は? 「まれ」以来のNHKドラマ主演で感じたこと

11/23(土) 7:20配信

MANTANWEB

 NHK・BSプレミアムで11月23日午後9時から放送される単発ドラマ「Wの悲劇」で主演する女優の土屋太鳳さん。「Wの悲劇」と言えば、幾度となく映像化されてきた傑作ミステリー。1984年に公開された薬師丸ひろ子さん主演の映画版を思い出す人も多いのではないだろうか。「原作回帰」と言われる今回のドラマで、主人公の和辻摩子を演じた土屋さんは「女優人生にすごく刺激をもらえる作品なんだって改めて感じました」と振り返る。2015年度前期の連続テレビ小説(朝ドラ)「まれ」以来、4年ぶりのNHKドラマ主演となった土屋さんに、作品への思いに加え、女優としての「現在地」を語ってもらった。

【写真特集】黒のプリーツワンピでほんのり肌見せ 大人っぽくなった土屋太鳳の全身ショットも スカートひらり!?

 ◇共演者の役の捉え方や、アイデアの出し方が「すごく刺激」に…

 今回の「Wの悲劇」は、過去の名作を現代によみがえらせる、NHK・BSプレミアム「リバイバルドラマ」シリーズの一作。和辻製薬会長の与兵衛(大和田伸也さん)の誕生日パーティーが別荘で開かれ、その夜、摩子(土屋さん)が大伯父の与兵衛を刺し殺す事件が発生。摩子の母・淑枝(中山美穂さん)は娘の正当防衛を訴え、集まった一族に事件の隠ぺいを頼み込む。そこで与兵衛の弟・繁(鶴見辰吾さん)や与兵衛の主治医間崎(吉田栄作さん)らが中心となって、強盗殺人に見せかけた隠ぺい工作を始める。パーティーの招待客だった摩子の先輩・春生(美村里江さん)もその片棒を担ぐことになるが……。

 「共演者の方々が本当に素晴らしくて。皆さんの役の捉え方やアイデアの出し方、集中力、そういったものがすごく刺激的で、そのまま映像に出ていると思います」と仕上がりに自信をのぞかせる土屋さん。摩子が犯した罪を、みんなで協力し合い、どうにか隠そうとしながらも、その一方で各人の本性が徐々にあぶり出されていく展開、緊迫感のある会話劇も見どころだ。「皆さんが真摯に“キャッチボール”をしてくれたのが、すごくうれしかったですし、それぞれがひょう変する瞬間は、皆さん役者としての底力を発揮する瞬間でもあるので、そこはぜひ見ていただきたいです」とアピールする。

1/2ページ

最終更新:11/23(土) 7:20
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事