ここから本文です

大河主演・長谷川博己は「切り替えてる」 沢尻代役もサポート約束 岡村隆史明かす

2019/11/22(金) 9:32配信

デイリースポーツ

 ナインティナインの岡村隆史が21日、ニッポン放送「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」で、沢尻エリカ容疑者逮捕で揺れる来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主演・長谷川博己の様子を語った。岡村は「麒麟がくる」で、明智光秀が美濃で出逢う農民・菊丸を演じる。

【写真】明智光秀役の長谷川博己

 番組では冒頭から沢尻容疑者逮捕での大河ドラマの混乱ぶりを岡村が明かした。岡村は沢尻とは2シーン絡んだといい、1つはセット、1つは岩手ロケだったことから、今後どうするのかを案じた。

 そんな中、岡村は21日に別番組で長谷川と共演したという。「楽屋に長谷川さん。光秀ですよ。パーンと来はって。ちょこちょこお会いしてますけど、そうだ、もう撮り始めてるからね。『大変でしたね、本当に』って話して」と振り返った。

 だが長谷川は「切り替えてはった。『こういうことがあるのはしょうがないことですから』って」と、長谷川はすでに気持ちを切り替えていると明かした。

 岡村は「でも、思うに、本木(雅弘)さん、(沢尻演じる帰蝶は)その娘やったからね。織田信長は染谷(将太)君。(絡む)シーンがガッとあんねん。そこは多分大変になってくると思うで」ともコメント。だがこの騒動で「余計に結束力、頑張って団結した感じがするし、長谷川さんとも連絡先交換してご飯行きましょうって」と現場の結束力も強まったと訴えた。

 長谷川は、その時はまだ決まっていなかった沢尻の代役についても「『こうやって次に帰蝶やる方はすごいプレッシャーやと思うし、どんな方でもしっかりサポートしてこんな状況の中、引き受けて下さるのはありがたいことです』と言ってた」と、全力で支えることを約束していたという。

最終更新:2019/11/22(金) 9:43
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事