ここから本文です

BMWがサムスンSDIなど中韓2社から電池調達、契約額1.2兆円

11/22(金) 9:59配信

ロイター

[ベルリン 21日 ロイター] - ドイツ高級車メーカーのBMW<BMWG.DE>は21日、中国電気自動車(EV)向け電池最大手の寧徳時代新能源科技(CATL)<300750.SZ>と韓国のリチウムイオン電池大手サムスンSDI<006400.KS>の2社に合わせて100億ユーロ(110億7000万ドル)超に相当する電池を発注したと発表した。

BMWは、2018年半ばに公表したCATLへの最初の発注額である40億ユーロから今回73億ユーロに引き上げ、契約期間は2020年から2031年と説明した。

またサムスンSDIとも29億ユーロ相当の電池を調達する21年から31年までの契約を締結した。

BMWは電池生産に必要なコバルトをオーストラリアとモロッコの鉱山から調達し、CATLとサムスンに供給するという。またリチウムはオーストラリアなどから入手する。

BMWは23年までに電動自動車25種を発売する計画で、このうち半数以上が完全なEVとなる。これらのEVの売上高は19年から21年までに倍増を見込んでいる。

最終更新:11/22(金) 10:04
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事