ここから本文です

香港「覆面禁止法」が1週間有効に 24日の区議会選、中国容認か

11/22(金) 22:29配信

産経新聞

 【香港=藤本欣也】香港高等法院(高裁)は22日、デモ参加者のマスク着用などを禁じた「覆面禁止法」に対し、「香港基本法に違反する」と認定した同法院の判決について、29日まで執行を停止する決定を下した。上訴の意向を示す香港政府が執行の一時停止を求めていた。これを受けて同法による取り締まりは29日まで可能となり、民主派などが反発している。

 また、香港メディアは22日、反政府運動に関連して12歳の男子中学生が21日、器物損壊の罪で有罪判決を受けたと報じた。一連の抗議活動により有罪判決を受けた市民の中で最年少という。報道によると、少年は10月初め、警察署の壁などに警察の蔑称をスプレーで書き連ねた。量刑は後日言い渡される。

 警察に包囲された香港理工大では22日も数十人の若者らによる立てこもりが続いた。精神、衛生状態が悪化しているもようだ。

 こうした中、香港では24日、4年に一度の区議会(地方議会)選の投票が行われる。

 区議会選をめぐっては、親中派の劣勢を受けて、香港当局が混乱を理由に選挙の延期・中止を決めるのでは-との臆測が流れていた。しかし香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストによると、中国の韓正副首相が今月中旬、香港に隣接する広東省深●(=土へんに川)を訪れ、選挙を予定通り実施するよう関係者に求めた。

 同紙は「選挙を実施して親中派の議席を失うことより、選挙を延期・中止して混乱が拡大することを恐れた」との見方を伝えた。

 ネットでも、政府に選挙を延期・中止させないために、抗議活動を自粛するよう促すメッセージが出回っている。ここ数日はデモ隊と警官隊の激しい衝突は起きておらず、事実上の休戦状態となっている。

最終更新:11/22(金) 22:29
産経新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい