ここから本文です

11人死傷の東名工事現場火災で警察と消防が見分 閉鎖的な構造で煙が充満し被害拡大したか 静岡市

11/22(金) 12:02配信

静岡朝日テレビ

静岡市の東名高速で、工事中の作業員11人が死傷した火災で、けさ6時に通行止めが解除されました。現場では警察と消防の見分が続いています。

きのう午前11時すぎ、静岡市駿河区の東名高速の橋げたの工事現場で火災が発生し、作業員1人が死亡、10人がけがをしました。

中日本高速によると、作業用の足場は地上から約10mにある高架橋の裏に吊り下げられ、高さ2.5mほどの作業空間になっていたということです。

警察は閉鎖的な構造で、煙が充満したことが被害拡大の一因になったとみて、業務上過失致死傷の疑いを視野に捜査する方針です。

最終更新:11/22(金) 12:02
静岡朝日テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事