ここから本文です

京都橘の強さが際立った選手権京都予選

11/22(金) 12:05配信

高校サッカードットコム

 インターハイでベスト4まで進んだ京都橘の強さが際立つ大会となった。今予選で目を惹いたのは圧倒的な攻撃力だ。MF佐藤陽太(3年)による展開から、MF高木大輝(3年)らがサイドを攻め込むスタイルで他を圧倒。FW梅村脩斗(3年)、西野太陽(2年)がゴールネットを揺らし、5試合で31得点をマークした。守備も主力を欠き、安定感を欠く試合もあったがDF金沢一矢(2年)ら下級生を緊張感のある試合を経験したのは全国に向けてのプラス材料だ。京都橘とのファイナルに挑んだ洛北は、ボールを持ったら素早くFW山嵜洸太朗(3年)らがゴールを目指す果敢な攻撃が機能。要所ではMF横田裕澄(2年)や湯浅裕貴(2年)らが技術を活かした崩しを見せた。絶対王者をあと一歩まで追い込みながら、涙を飲んだが、主力の半数が2年生とあり、来年の雪辱に期待だ。昨年度準優勝の京都共栄は、2度のPK戦を勝ち抜くなど苦しみながらも、ベスト4まで進出。ブラジルからの留学生MFガブリエル(1年)、FW飯野颯(3年)らも個性を見せた。昨年度の代表校・東山は準々決勝までの3試合で22得点を奪いながら、洛北との準決勝は攻撃陣が沈黙し、敗退。連覇を逃す格好となったが、大会優秀選手に選ばれたDF見上瑞紀(3年)を中心とした守備は3試合を無失点に封じるなど一定の成果を見せた。

【写真】選手権京都予選決勝、京都橘vs洛北

最終更新:11/22(金) 12:05
高校サッカードットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事