ここから本文です

ガスボンベで爆発の恐れも...清掃車両の火災事故は年間約600件。清掃員たちの苦悩

11/22(金) 17:02配信

テレ東プラス

現代日本人の身近に起こるさまざまな社会現象をテーマに、“今“を捉える知的エンターテインメント。今回は、「浦安市のゴミ回収・現場に密着...ゴミピットに潜入!」を紹介する。

16万人が暮らす千葉県浦安市で、市内のゴミの約5割を回収している「浦安清運」。清掃員が回収しているのは可燃ゴミで、浦安市では生ゴミ、ゴム製品、プラスチック、紙くずなどが可燃ゴミとして指定されている。

しかし中には指定外の袋を使用し、ゴミを出しているといった明らかなルール違反をしているものもあり、その場合は「違反シール」をゴミに貼り、回収せず集積場に残す。

しかしこのゴミの清掃員さん、やけに饒舌ではないか...? 実はこの方、ゴミに関する本を出版したお笑い芸人・マシンガンズの滝沢秀一さん。芸人のかたわら2012年よりゴミ清掃員として勤務し、清掃体験を記した著書はなんと累計10万部のヒット! 今回は、そんな「芸能界一のゴミ通」である滝沢さんと一緒に、浦安市のゴミ回収に密着する。

「何か気になる...」と、早速普通の可燃ゴミから違反ゴミを発見する滝沢さん。その正体はカセットコンロで使用されるガスボンベ。

スプレー缶は不燃ゴミで、うっかり可燃ゴミと共に清掃車で回収すると、回転盤に挟まれて缶に残ったガスが噴出し、爆発する恐れがあるという。清掃車両の火災事故は、全国で年間約600件も発生。スプレー缶を廃棄する場合は、きちんと各地域のルールに従って欲しいものだ。

滝沢さん曰く「集積場を見れば、そのアパートやマンションにどんな人が住んでいるかがわかる」とのこと。ゴミに対する向き合い方で住人たちのレベルがわかるというのだ。引っ越しをする場合は、その物件のゴミ集積場をチェックするのがおすすめだそう。

続いて、ゴミの中からこんな物が...。ほぼ未使用のスニーカー。思わず「欲しい!」となるが、躊躇なく清掃車へ。清掃員のルールとしてゴミの持ち帰りは厳禁。集積場に捨てられたゴミの所有権はその市町村にあり、勝手にゴミを持ち帰ると、窃盗罪に問われる可能性があるという。

清掃車両で移動中、「ネズミが怖い。飲食店のところだと結構出る」など、“清掃員あるある“で意気投合する滝沢さん一行。清掃員たちは息の合った連携プレーで次々とゴミを回収していく。1日約600件のゴミ集積場を周るのだ。

回収開始から約2時間。清掃車が積載量の上限である2トンに到達したため、浦安クリーンセンターへ移動。

1/2ページ

最終更新:11/22(金) 17:02
テレ東プラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事