ここから本文です

どことなく懐かしい「Horwin」の電動バイク「CR6」 上位グレード「Pro」では5速ミッションを採用【EICMA2019】

11/22(金) 15:00配信

バイクのニュース

軽量な車体に最新のバッテリーを搭載した「Horwin」の電動バイク「CR6」

 電動キックボードや折りたたみ式の小型電動バイクなどを手掛けるオーストリアの「Horwin」は、2019年11月5日から10日にかけて開催されたバイクの見本市「EICMA2019」で新型の電動バイク「CR6/CR6 Pro」を発表しました。

「Horwin」の新型電動バイク「CR6」の画像を見る

 中国で生産される「CR6」シリーズは、レトロなデザインと最新のテクノロジーを組み合わせたモデルで、最新のパナソニック製リチウムイオンバッテリーを搭載することで「CR6」で150km、よりパワフルな「CR6 Pro」で130kmの距離を走ることが可能です。

 ベーシックモデルとなるCR6の最高速は95km/hとされていますが、上位グレードの「CR6 Pro」では15HPのモーターと5速ミッションを採用することで105km/hの最高速を実現しています。

 また、「CR6」シリーズは20分の充電で20~30kmの距離をカバー。最大限までチャージする場合はセルの保護機能が働くため3時間ほど掛かるとされていますが、「Horwin」の発表によると、これは長期間でも安定したパフォーマンスを維持するための装備であるといいます。

 134kg(CR6 Proは140kg)の軽量な車体に、省電力のLEDヘッドライトや、ライダーをサポートする様々な情報が表示されるディスプレイを備えた「CR6/CR6 Pro」は、6290ユーロ(日本円で約75万円)からとなっています。

バイクのニュース編集部

最終更新:11/22(金) 16:05
バイクのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事