ここから本文です

渋谷パルコ「日本初」スニーカー洗濯専門店は何がスゴイのか

11/22(金) 7:30配信

MONEY PLUS

11月22日にリニューアルオープンする「渋谷パルコ」。ファッションや飲食店など193のテナントの中で、目を引いたのが「日本初」というスニーカーウォッシュ専門ブランドの店舗です。

【写真】ポケモン、マリオ… 新生「渋谷パルコ」の豪華な中身

商業施設の中で提供されるスニーカー洗濯サービスとは、どのような内容でしょうか。メディア向けに開かれた内覧会の様子から探ります。

スニーカー洗濯サービスはどう違う?

店名は「Licue&Sneakers(リクエアンドスニーカーズ)」。渋谷パルコの4階にショップを構えます。運営するのは、100%水洗いクリーニング店「Licue(リクエ)」や、洗濯代行サービス「WASH&FOLD(ウォッシュアンドフォールド)」を展開するアピッシュ。同社の担当者によると、スニーカー洗濯の専門ブランドは日本初だといいます。

利用の流れは、一般的なクリーニング店と同じです。専門スタッフがスニーカーの状態を確認。汚れ具合や素材や形状に合わせて、洗い方を提案します。後日、キレイになったスニーカーを店頭で受け取れます。

使用する洗濯機は、コインランドリーなどに置かれる業務用の機種。水洗いする際には、スタッフがシリコンで作られた特殊なスポンジを、ドラム内に隙間なく詰めます。「通常のスポンジよりも重く、硬いため、スニーカーとの摩擦面を増やすことで、汚れをさらに落とせる」(担当者)といいます。

「スニーカー洗濯を習慣化したい」

洗剤は素材に合わせたものを使用するため、生地を痛めることなく汚れを落とすことができるそう。最もベーシックな機械洗いと乾燥だけのメニューは1足700円(税別)。洗濯後は、オゾンを発生させる独自開発の乾燥機で殺菌・防臭。自宅ではできない「サッパリ感」が感じられるということです。

ソールの下処理など、全てキレイに仕上げたい人に向けたコースのほか、防水、防臭などのサービスもあり、自分にあったメニューを選ぶことができます。いくつもの素材を使用した特殊なスニーカーや、こだわる人向けに、洗濯機を使わない手洗いメニューもあるということです。

日本であまり馴染みのないスニーカー洗濯サービスですが、海外では広がっていると説明するのは、アピッシュの山崎美香社長。

同社の洗濯代行サービスでは、約半分ユーザーが服だけでなく、スニーカー洗濯も利用しているといいます。山崎社長は「スニーカー洗濯を新しい文化として習慣化していきたい」と語ります。

1/2ページ

最終更新:11/22(金) 11:13
MONEY PLUS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事