ここから本文です

どうなる?ソフトバンク初の「雨パレード」も 過去9度すべて降水量0

11/22(金) 11:58配信

西日本スポーツ

 3年連続日本一を達成したソフトバンクの祝賀パレードは24日に行われる。王球団会長、工藤監督や選手が複数台のオープンカー、オープントップバスに分乗。福岡市中心部、明治通りの約2・3キロを約30分かけて進む。

【データ】福岡移転後の祝賀パレード過去の天気

 ソフトバンクは今年が福岡移転30周年。前身のダイエーが初めてリーグ優勝、日本一を達成したのは1999年で、同年11月に移転後初めてのパレードが福岡、北九州の両市で行われた。その後、リーグ優勝または日本一を達成したシーズンは福岡市(2000年は北九州市でも)のほぼ同じコースでパレードがあり、昨年は沿道に37万人(主催者発表)のファンが訪れ喜びを分かち合った。

 福岡移転後、昨年までパレードは9度開催。すべて晴れではないものの、気象庁のデータによると「雨」はなかった。パレード前後の日に雨が降った記録はあるものの、パレード当日の降水量はすべて0・0以下。雨傘や雨がっぱが必要になることは一度もなかった。

 今年はどうか。福岡管区気象台が22日午前10時半時に発表した週間天気予報では24日の福岡県は雨、降水確率は80%。当日までに変わる可能性もあるが、もし降ったら移転後初の「雨のパレード」となる。これまでとは一味違った光景が見られるかもしれないが、果たして…。

 パレードは小雨決行。悪天候で中止の場合は午前8時半にソフトバンクの球団公式サイトなどで発表される。

西日本スポーツ

最終更新:11/22(金) 15:16
西日本スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事