ここから本文です

阪神・藤浪、中日・藤嶋ら1人50万円“割り勘”でMLB最先端トレ「ドライブライン」学ぶ!

2019/11/22(金) 5:40配信

中日スポーツ

◇21日 中日契約更改交渉(選手寮・昇竜館)

 中日の藤嶋健人投手(21)が21日、ナゴヤ球場に隣接する選手寮で契約更改に臨み、800万円増の2000万円でサインした。オフには阪神の藤浪晋太郎投手(25)とともに大リーグの選手も利用するトレーニング施設「ドライブライン・ベースボール」のメニューで、球速アップを目指すことを明かした。

  藤嶋はいつも通りのさわやかな笑顔で会見場に現れた。今季は7月から戦列復帰すると32試合に登板し、防御率2・48。21試合連続無失点も記録し、勝ちパターンの中継ぎとしてチーム3位タイの14ホールドを挙げた。

 「いろんな人に支えてもらって復帰できた。最初はいろいろ大変でしたけど、成績を残せてよかったなと思います」。高卒プロ入り3年目。血行障害から復帰し、大幅アップを勝ち取った。

 さらなる成長を求めて12月には特別講義を受ける。藤嶋の個人トレーナーを務めるスポーツジム「BCプロジェクト」の稲葉弘泰トレーナーの紹介で、米国・シアトルのトレーニング施設「ドライブライン・ベースボール」からスタッフ5人を沖縄に招く。12月9日から5日間、動作解析の専門家の分析をもとによりよいフォームを追求する計画だ。

 「ドライブライン」とは科学的なアプローチによる技術指導。大リーグで5年連続2桁勝利を挙げているレッズのトレバー・バウアーらも利用し、国内でもソフトバンクが今年の秋季キャンプにスタッフを招き、各選手に応じた練習メニューを作成するためのデータ収集した。

 沖縄にはチームメートの又吉、笠原、大蔵、山本に加え、阪神・藤浪ら1人約50万円を払って参加予定。藤嶋が「幅が広がると思います」と話す通り、他球団の選手とのトレーニングも大いに刺激になることは間違いない。

最終更新:2019/11/22(金) 8:15
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事