ここから本文です

“アヤックスの呪い” 7人の犠牲者達

11/22(金) 11:23配信

SPORT.es

“アヤックスの呪い”の犠牲者の一人にトッテナム前監督マウリシオ・ポチェッティーノが加わった。
2018/19シーズン欧州CLの準決勝でアヤックスを下してから約半年後に、ポチェッティーノはトッテナムの指揮官退任に追いやられた。

ウェストハムがモウリーニョへ “愛のある攻撃“で歓迎

プレミアリーグで開幕12戦で3勝と不調に陥り、11月19日に成績不振による解任が発表された。後任として選ばれたのはジョゼ・モウリーニョである。

ポチェッティーノはCLでのアヤックスとの対戦後に所属クラブを追われた7人目の監督である。
その前はレアル・マドリーの監督サンティアゴ・ソラーリだった。マドリーで独自の戦略を展開しようとしたソラーリであるが、会長フロレンティーノ・ペレスはシーズン終盤にジダンを抜擢した。

その他に“アヤックスの呪い”の犠牲になった者は、マリノス・ウズニディス(AEKアテネ)、ニコ・コヴァチ(バイエルン・ミュンヘン)、ルイ・ヴィトーリア(ベンフィカ)、ブルーノ・ラージ(ベンフィカ)、マッシミリアーノ・アッレグリ(ユヴェントス)がいる。

SPORT

最終更新:11/22(金) 11:23
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事