ここから本文です

【冬アウター】カジュアルアウターに似合うボトムス【(1)サテンスカート】

11/22(金) 16:20配信

magacol

旬のツヤありスカートで一目瞭然の女らしさをプラスして

アウトドア系コートにサテンボトムで素材のギャップを楽しむのがポイント

スポーティなアウターに、あえて薄くとろみのあるスカートを合わせる着こなしが今年っぽい。カジュアルすぎずエレガントすぎない、ヒネリを感じるバランスに。

コート¥112,000(カナダグース)ニット¥8,300(Mila Owen
/Mila Owen ルミネ新宿2店)スカート¥17,500(ガリャルダガランテ/ガリャルダガランテ 表参道店)バッグ¥13,800(ヤーキ/ショールーム セッション)ブーツ¥120,000(サントーニ/リエート)サングラス¥34,000(モスコット/モスコット トウキョウ)

グレイッシュなトーンを意識すればダウンコートもこなれた大人っぽさ

フィールドコート風のメンズライクなタイプをエレガンスに馴染ませるには、フードのファーがリッチ見えのキーになる。体に沿って揺れるような優しいプリーツスカートなら、ガールっぽさより女らしさが際立って、狙い通りのしなやかなカジュアルスタイルが実現。

コート¥123,000(ウールリッチ/ウールリッチ 青山店)ニット¥45,000(ラスパイユ/ピーチ)スカート¥23,000(INED)バッグ¥62,000(ミチノ/Pred PR)ブーツ¥45,000(ロランス/ザ・グランドインク)

上質マテリアルとグラマラスなファーで着慣れたとろみスカートにこなれ感をプラス

ちょっと甘めのスカートスタイルは、中綿コートでコンサバ見えを回避。足元はアウターのボリューム感を受け止める、適度な存在感のショートブーツがグッドバランスへのカギ。アップデートされた今っぽいコーディネートに仕上がります。

コート¥63,000(ケープホーン/ティースクエア プレスルーム)ニット¥36,000(GALERIE VIE/GALERIE VIE 丸の内店)スカート¥16,300(シップス/シップス 有楽町店)バッグ¥37,000(アタオ/スタジオアタオ)ブーツ¥18,000
(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)


撮影/倉本ゴリ(Pygmy company)〈人物〉、魚地武大(TENT)〈静物〉
モデル/松島 花 ヘアメーク/森 ユキオ スタイリング/平沼洋美 取材/西道倫子

最終更新:11/22(金) 16:20
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事