ここから本文です

リッピ氏が語る二度目の中国代表監督辞任「日本や韓国の生き餌になると感じた」

11/22(金) 19:43配信

GOAL

「自信が少し無くなってしまった」

元中国代表監督のマルチェロ・リッピ氏が、イタリアのラジオ局『ラディオ・プント・ヌオーヴォ』の番組に出演し、辞任に至る経緯を振り返った。

かつてユヴェントスを率いてチャンピオンズリーグを制し、イタリア代表を率いてワールドカップ優勝も成し遂げた71歳の名将リッピ氏は、広州恒大の指揮官を経て2016年10月に中国代表監督に就任。今年1月に開催されたアジアカップまでチームを率いた。その後一旦辞任したものの、わずか4カ月で代表監督に復帰したリッピ氏だったが、14日のカタールW杯アジア2次予選でシリアに1-2と敗れると、再びチームを離れる決断を下している。

リッピ氏は先日、『スカイスポーツ』のインタビューにおいても辞任理由を明かしていたが、さらに経緯を説明した。

「2018年末に中国での指揮を終えるつもりだった。それからいろんなことが重なった。中国サッカー協会会長から評価してもらい、非常に光栄だったし、イタリアに来た中国国家主席からもヴィミナーレ宮での晩餐会へ招待を受け、中国代表指揮官に復帰して欲しいと頼まれた。彼に『ノー』と答えるのは簡単ではなかったよ。『どうだろう』と答えていたのだが、その後、説得されてしまった」

「非常に重要な契約を提示され、再挑戦したが、自信が少し無くなってしまった。今年は割と楽なグループだったが、来年、日本や韓国、オーストラリアのようなチームと一緒のグループになったら、生き餌になってしまうだろうと感じた。だから給料泥棒はしたくはないと思ったんだ。チームに深い信頼が抱けないのであれば、給料をもらうのは相応しくないと考えた」

最終更新:11/22(金) 19:43
GOAL

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事