ここから本文です

力作満載! 楽しくておいしい「#大根おろしアート」の季節が今年もやってきた

11/22(金) 19:45配信

LIMO

Twitterで「#大根おろしアート」というタグが盛況です。主に秋から冬にかけてにぎわうタグですが、大根おろしアートの起こりは焼きさんまに添える大根おろしを猫のかたちにした人がいたことでした。

「#大根おろしアート」の画像を見る

大根おろしで姿を作りポン酢で柄を付けた猫の姿のかわいさと、猫とさんまの組み合わせの妙で人気となり、続々と自分もやってみる人が現れて、お手軽アートの一ジャンルとなったのでした。

「流行っていると聞いて」

魚の切身に両手をかける猫の前には、大根おろしの魚が。顔を作らなくてもかわいい造形の猫という生きものはずるいとさえ言えます。

「子だくさんおさかにゃ泥棒にゃー」

こちらは猫のご一家がいい焼き加減のさんまに群がっています。親猫と同じように仔猫が並ぶ姿が微笑ましいですね。

このように、大根おろしアートでは現在も猫が人気です。しかし、最近では猫以外の動物やキャラクターものに挑戦する人も多く、さんまに添えるだけでなく、みぞれ鍋でアートを楽しむ人もいます。

猫だけじゃない! 大根おろしで魅せる一品

大根おろしアートを嗜む人の増加に伴い、造形されるもののバリエーションも増えてきました。猫ではないものや猫っぽいものなど、力作の数々をお楽しみください。

「今夜は鶏鍋!」

鶏鍋おいしいですよね……と、これは鶏がまるごと1羽入った鶏鍋です。しかも鶏は大根おろしアート。しっかりと造形されたシルエットと鶏冠(とさか)の鮮やかな色が目を引きます。

「大根おろしアートの話題見たからずっと前に作った、大根おろしアートを引っ張り出してみよう。」

こちらは少々ホラー気味に、鮭のあらを掴む手です。指の曲げ具合や爪の色にリアリズムが垣間見えます。手づかみで食べるとおいしいよね、と明後日の方向から捉える、怖さより食い気の人もいるのでは。

「\\おろしハンバーグ//」

豪快に骨付きの「まんがの肉」にかじりつく柴犬のが表情も豊かに造形されています。大根おろしの柴犬と、「まんがの肉」の本体はハンバーグ、骨の部分は犬と同じく大根おろしです。添えられた肉球マークは人参でしょうか。

おいしそうなハンバーグが、柴犬がかじりついていることでもっとおいしそうに見えますね。

「お鍋、そして大根おろしアートの季節。
まずはポケモンでキョダイマックスニャースを作ってみたよ
黄色は卵の黄身で色付け
剣盾もうすぐ発売楽しみすぎる~」

こちらは11月15日に最新作が発売されたばかりの「ポケットモンスター」のキャラクター、ニャースがキョダイマックス(巨大化)した姿。キョダイマックスしたニャースは胴が長くなるのが猫らしいと言いましょうか。モンスターボールも2種類入った大作です! 

まとめ

さんまの旬は9~10月、大根の旬が11月~2月ということで、両者の時期が近く大根おろしを食べる機会も多い秋から冬にかけては大根おろしアートの季節です。

さんまの季節はおしまいですが、これからはブリなどもおいしくなりますから、魚に大根おろしを添える機会もまだまだあります。みなさんも挑戦してみてはいかがでしょうか。

鍋に魚に肉にアートを添えて、大根の旬に楽しみながらおいしくお召し上がりください。

衛澤 創

最終更新:11/22(金) 20:20
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事