ここから本文です

ボッシュがスーパーGTとオフィシャルスポンサー契約を締結。2020年からGT500の共通パーツ供給をはじめフロントウインドウ等にロゴ掲出

11/22(金) 12:47配信

オートスポーツweb

 スーパーGTをプロモートするGTアソシエイションとボッシュは11月22日、スーパーGT×DTM特別交流戦が行われている富士スピードウェイでプレスカンファレンスを行い、2020年から3年間に渡るスポンサー契約を結んだと発表したGT500クラスに参戦する全車に対し共通コンポーネントを提供するほか、車両ウインドウ部やセーフティカー、ファースト・レスキュー・オペレーション(FRO)車両などさまざまな部分にロゴが掲出される。

【ボッシュのロゴが貼られた2020年GT500車両のフロントウインドウ】

 ボッシュは2000年から、スーパーGTと長年に渡り車両規定統一に向けた交渉を進めてきたDTMドイツ・ツーリングカー選手権の指定コンポーネントを提供しており、DTM全車のフロントウインドウにロゴが掲出されていたが、同様にGT500マシンにもボッシュのロゴが登場することになった。

 2020年からDTMと車両規定が統一されるGT500クラスでは、ボッシュ製のエンジン・コントロール・ユニット(ECU)などが共通部品として決定しており、現在テストが行われている2020年モデルの“クラス1”規定のGT500マシンも、ECUなどが搭載され、その合わせ込みが進んでいる。ボッシュは来季、ECU以外にもマルチディスプレイや各種センサー、スターター、インジェクター、パワーボックス、高圧ポンプ、オルタネーター、ワイパーモーターなどを供給する。

「ボッシュは1901年からカーレースに参戦するマシンに製品を提供するなど、モータースポーツとの関わりは長きに渡ります。過酷なレース環境に耐えて安全性が実証された製品を量産車に提供するなど、モータースポーツへの貢献は、より安全で効率的かつ魅力的な量産車の開発に向けた技術力の向上にも繋がっています」と語るのは、ボッシュ株式会社のクラウス・メーダー社長。

 また、GTアソシエイションの坂東正明代表は「クラス1規則では数多くの共通部品を採用しますが、その使用はコスト低減、性能均衡化の実現のみならず、DTMとスーパーGTのコラボレーションを深化させるため、双方にとって大変意義があります」とコメントした。

「そのサプライヤーのひとつ、ボッシュの卓越した技術、製品精度の高さ、信頼性はDTMはじめ世界中のさまざまなレースで実証済みです。ボッシュをオフィシャルスポンサーとしてスーパーGTにお迎えできることを私たちGTAは大変嬉しく思っております」

 今回のスポンサーシップ締結により、2020年からの“クラス1+α”のGT500車両全車のフロントウインドウ上部には、上段に各メーカーのロゴが、下段にはボッシュのロゴが入ることになった。これまではスーパーGT創設以降、『SUPER GT』のロゴか『がんばろう日本』『ニッポンを元気に!』等の文字が入っていたが、2020年からはこれが代わることになった。

[オートスポーツweb ]

最終更新:11/22(金) 20:18
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事