ここから本文です

【プレミア12】WBSCが賞金発表 日本は賞金1億7500万円、総額は前回から40%増

11/22(金) 18:08配信

Full-Count

賞金総額5億6600万円は2015年の前回大会から40%増

 野球日本代表「侍ジャパン」の優勝で幕を閉じた「第2回 WBSC プレミア12」。世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は19日に公式サイトで賞金を発表し、侍ジャパンは161万ドル(約1億7500万円)を獲得した。

【動画】「思い込めました!! よかったらみてください」鷹ガール書道家・原愛梨さんが繊細タッチで描いた侍ジャパン世界一記念アート映像

 今大会の賞金総額は521万ドル(約5億6600万円)。2015年の前回大会からは40%増となったとしている。優勝した日本は、161万ドル(約1億7500万円)を獲得。準優勝の韓国は約半分の84万ドル(約9100万円)、3位のメキシコは59万ドル(約6400万円)、4位のアメリカは41万ドル(約4500万円)となっている。

Full-Count編集部

最終更新:11/22(金) 18:08
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事