ここから本文です

畑岡奈紗は9位に浮上 キム・セヨンが単独首位

11/23(土) 8:12配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<CMEグループ・ツアー選手権 2日目◇22日◇ザ・リッツ・カールトン・ゴルフリゾート ティブロンGC(フロリダ州)◇6556ヤード・パー72)>

畑岡奈紗の最新ドライバースイングをチェック【動画】

米国女子ツアー2019年最終戦2日目。今季のポイントレース上位60人が出場し、年間女王を決める戦いで、日本勢唯一出場の畑岡奈紗は5バーディ・1ボギーの「68」で回り、トータル6アンダーの9位タイに順位を上げた。

出だしの1番をバーディ発進、続く2番はボギーとしたものの、3番でバーディを奪い返し前半は1アンダー。後半に入ると3バーディを奪いホールアウト。首位との差は開いているが、残り2日間で逆転を目指す。

トータル12アンダーの首位にキム・セヨン(韓国)。トータル10アンダーの2位にキャロライン・マッソン(ドイツ)。トータル9アンダーの3位タイにブルック・ヘンダーソン(カナダ)とネリー・コルダ(米国)が続く。

前年覇者のレクシー・トンプソン(米国)はトータル7アンダーの6位タイ。世界ランキング1位のコ・ジンヨン(韓国)はトータル4アンダーの23位タイにつけている。

(撮影:GettyImages)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:11/23(土) 8:12
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事