ここから本文です

名大研究グループ 人の動きで発電できる薄膜伸縮シート開発 ウエアラブル端末など応用期待

11/23(土) 6:05配信

中部経済新聞

 名古屋大学未来材料・システム研究所の松永正広助教と大野雄高教授らのグループは、人の動作や機械の振動などから発電できる薄膜伸縮シートを開発した。ウエアラブル端末やIoT(モノのインターネット)関連への利用が期待できるという。研究成果は科学雑誌「NanoEnergy」の11月16日付オンライン版に掲載された。

最終更新:11/23(土) 6:05
中部経済新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい