ここから本文です

ヒマラヤ桜開花 熱海市内各所で

11/23(土) 8:38配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 熱海市内各所で、ネパールの故ビレンドラ元国王とゆかりの深いヒマラヤ桜の開花が始まった。淡いピンク色のかれんな花が、市民や観光客の目を楽しませている。

 市公園緑地課によるとヒマラヤ桜は1967年、当時皇太子だった元国王が伊東市を訪れた際、熱海植物友の会のメンバーが桜と梅の種を献上した返礼として翌68年に贈られた。市内には約50本が植わる。

 市職員が、22日までに長浜海浜公園の数本と県立熱海高そばにある原木で開花を確認した。開花は昨年に比べ1週間ほど遅い。見頃は、12月初旬を見込んでいる。

静岡新聞社

最終更新:11/23(土) 9:35
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事