ここから本文です

美人“現役JD”や“会社代表”が見つけた「自分が輝ける表現方法」とは?

11/23(土) 7:00配信

オリコン

 秋葉原で先ごろ開催された『サンクプロジェクト29×ソフマップ コスプレ大撮影会』。夜になるとめっきりと冷え込む時季だが、スタジオ内ではたくさんのモデルたちが薄着で頑張っていた。そんな大撮影会で見かけたモデルたちを紹介する。

【写真】爆弾ボディをおしげもなく… コスプレ美女たちの大胆衣装にドキッ

ピンクを基調としたセーラー服を着こなしていたのは、コスプレ歴9年目になる香港生まれの留学生レイヤー・ありささん。普段から心がけている点は笑顔だとか。「自分の一番良いところをアピールすることが大事かなと。それが私の場合、笑顔なので」。ちなみにほとんどの衣装は自作だという。そんなありささんが今度チャレンジしたいコスプレキャラは『ボンバーガール』のパイン。「友達と一緒にこのゲームをしてるんですが、パインちゃんのキャラに惚れちゃいました。次は絶対にこのキャラをコスりたい!」と話してくれた。

 フリル付きの水色下着に紫のリボン、そして金色のウィッグが印象的な、ににさん。高校時代は男装をしていたという彼女、女性キャラのコスを始めたのは1年ほどだとか。現役大学生として勉学に励むかたわら、コスプレ活動も頑張っているというににさんが今狙っているのは『鬼滅の刃』のカナヲ。「カナヲちゃん、本当にタイプなんですよ。彼女のコスプレ、ぜひ挑戦してみたいですね。あと、『FGO』キャラのコスプレも頑張っていきたいな」

 普段は会社の代表を務めているという桂華さんは、“自分が輝ける表現の1つ”として、コスプレを楽しんでいるという。コス歴は10年以上で、いろんなモデルさんとの交流が楽しくて大撮影会に参加しているとのこと。今後チャレンジしてみたいコスプレキャラは『鬼滅の刃』の堕姫なのだそう。

最終更新:11/23(土) 7:00
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事