ここから本文です

自宅から25キロ 深夜1人で歩く高齢者 発見し見守り通報 警察が保護 藤岡署が女性に感謝状

11/23(土) 6:10配信

上毛新聞

 深夜に1人で歩いていた女性(78)を発見し適切に対応したとして、群馬県警藤岡署(兵藤義之署長)は22日、植竹奈保子(なおこ)さん=藤岡市三本木=に感謝状を贈った。女性は前橋市の自宅から約25キロを移動していたとみられる。兵藤署長は「発見場所の周りには山林や湖があり、発見が遅れれば命に関わっていたかもしれない」と感謝した。

◎人通りない地点 自転車を手押しで

 14日午前1時10分ごろ、植竹さんが車で帰宅中、同市総合運動公園の近くで自転車を押して歩く女性を発見。不審に思い声を掛けたが、女性は返答もなく黙々と歩いて行ってしまったという。植竹さんは110番通報し、警察官が到着するまで女性の後ろを見守るように車でついていった。

 女性は1人暮らしで、警察官が保護し、自宅まで送り届けた。周辺には三名湖や山林があり、夜はほとんど人通りがなくなる。

 藤岡署で開かれた感謝状贈呈式で植竹さんは「最初は声を掛けるのをためらったが、無事で良かった」と話していた。

最終更新:11/23(土) 6:10
上毛新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事