ここから本文です

ザ・男の料理「下味つけて焼くだけ」な「ローストポーク」の作り方

11/23(土) 7:04配信

LEON.JP

「男子厨房に入らず」と言われたのも今は昔。いまは「弁当男子」も、週末ともなれば腕を奮ってホムパやキャンプ……という料理上手な男性もたくさんいます。でもその一方で、まだ「インスタントラーメンしか作れない」という方もある一定数いるのも真実。

そこで本連載では“週末鮨屋”として注目されている料理研究家、野本やすゆきさんに、初心者でも作れ、自分で食べておいしいのはもちろん、一緒に食卓を囲むお連れさまにも「すごい!」と言ってもらえるレシピをご指南いただきます。料理はいまどき男子必携のモテツールであるものの、万遍なく何でも作れる必要はありません。数品のキラー料理を作れるよう、腕を磨いておきましょう。

今回は「豚のスパイシーロースト」。
ローストとは、塊や厚みのある肉をオーブンに入れて間接的に火をいれる調理法。蒸し焼きになるため、大きな肉でもやわらかく、中まで加熱することができるのが特徴です。

下味をつけて、あとはオーブンに放り込めば、あとは放っておけるのがローストのいいところ。なんですが、今回の料理は時間がかかります。下味をつける1時間余と、焼き上がりまでの数十分……その間に前菜をつまんだり、お酒を楽しんだり、ゲストとご一緒に自由に楽しんでくださいね。

「豚のスパイシーロースト」を作ってみよう!

【材料】 作りやすい4人分
豚肩ロース(塊)      500g
A にんにくすりおろし    2かけ分
A チリパウダー      小さじ2
A 白ワインビネガー     大さじ3
A 塩           小さじ3/4
A 胡椒          適量
A ローリエ         2枚
A オリーブオイル      大さじ1
タマネギ          1個
紫玉ねぎ         1個
オリーブオイル       適量
イタリアンパセリ      適量
塩            適量

まずは材料。ローストは塊肉であることが大切です。
今回は、普通のロースより脂が多くて濃厚な味わいの肩ロースを使用しました。スーパーマーケットで、塊肉が見つからない場合には「塊で欲しいんですけど」とたずねてみましょう。ブロック肉を切りだすなど、対応してくれるはずです。

1/2ページ

最終更新:11/23(土) 7:04
LEON.JP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事