ここから本文です

『時効警察』初参戦・檀れい、オダギリジョー&麻生久美子の空気感にほれぼれ「ふわっと寄り添ってピタッと合う」

2019/11/23(土) 10:00配信

AbemaTIMES

 時効になった事件を“趣味”で捜査する男・霧山修一朗(オダギリジョー)が、名(迷)助手・三日月しずか(麻生久美子)と共に未解決事件の謎に挑むシュールな脱力系コメディーミステリー『時効警察はじめました』(毎週金曜23時15分~24時15分 ※一部地域を除く)。11月29日(金)放送の第7話(脚本/田中眞一、監督/今泉力哉)に、檀れいがメインゲストとして登場することが明らかになった。

 オファーを受けたときは喜びと驚きに加え、「私の芝居が『時効警察』の世界観にちゃんとハマるのかなぁ…という不安もありました」と打ち明ける檀だが、「新たな挑戦をしたく、この世界に飛び込みました」と意欲満々。撮影最終日には「今まで見せたことのない私を見ていただけると思いますし、皆さんにぜひぜひ楽しんでいただきたいです」と、やりきった感あふれる清々しい笑顔で視聴者に呼びかけ、期待をあおった。

亡き夫には13股疑惑!? 開運メガネを売る女社長役は「役作りも今までとはテイストが違った

 「パッと気持ちを切り替えたいときや、何かすっきり物事がうまく進まないな…というときは、家の水回りを掃除します。自分自身の気持ちもスッキリして、『あっ、なんかうまくいくんじゃないかな』と、心の持ちようも変わりますから」という檀。そんな彼女が『時効警察』では、効果絶大と噂される「開運メガネ」なる商品を売るカリスマ女社長・桃瀬多恵子を演じる。

 実は多恵子、開運メガネを売っているのに、えらく恵まれてる感てんこ盛りの名前なのに…自称「ツイてない女」。自らわざとツイてないシチュエーションを演出している疑惑も一部ある半面、“健気に支えてきた一発屋歌手の夫・蝙蝠ユキオ(前野健太)に13股をかけられていた”という逸話があったり、果ては蝙蝠が殺された時効事件で霧山から疑いの目を注がれたり…と、かなり荒めの波風が立ちっぱなしの人物なのだ。

 この役どころについて、檀は「多恵子は突然、突拍子もないことをしてしまう人で…。『私はツイてないのよ』と言いながら、わざとお財布を忘れたり、バナナの皮をカバンから出して踏んで転ぼうとしたり…と、人として心がまったくつながらないキャラクターなんです(笑)。だから、役作りも今までとはテイストが違いましたね。イメージを膨らませて…というよりは、台本に沿って、楽しく見ていただけるように役を作れたらな、と思いました」とコメント。実際、本人もこの新テイストを思う存分楽しめたようで、「初めての『時効警察』、初めての役や世界観へのアプローチでしたが、撮影を終えた今、いい作品になったんじゃないかという手応えを感じています」と、自信をのぞかせた。

1/2ページ

最終更新:2019/11/23(土) 10:00
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事