ここから本文です

【札幌】磐田キラー・ロペス弾で2戦ぶり白星へ…23日に本拠地戦

11/23(土) 10:09配信

スポーツ報知

 J1北海道コンサドーレ札幌FWアンデルソンロペス(26)が、好相性の相手から不敗継続弾を決めにいく。札幌は23日、ホーム・磐田戦に臨む。2試合ぶり先発が濃厚なロペスは今年、ルヴァン杯プレーオフステージを含む磐田との3戦で4得点を挙げている。2017年まで所属した広島時代を含めると5試合で5得点し、ゴールした試合は4戦全て勝っている。“お得意様”からの一発で、2桁得点と勝ち点3をダブル取りする。

 言葉と表情に自信がみなぎった。今季3度の対戦全てでゴールを挙げ、全勝している磐田戦を控えた22日、ロペスは「相性の良さは僕自身、感じている。広島時代からいい印象を持っている」と胸を張った。広島時代を含めても5度の対戦で5得点し、4勝1分け。得点した4戦は全て勝っている相手との対戦へ「得点はもちろん、一番はみんなと喜びを分かち合いたい」。目標の7位以内へ、2試合ぶり勝利に貢献しにいく。

 リーグ戦の得点は7月20日のホーム・湘南戦(5〇2)が最後。恥骨周辺の痛みに悩まされた時期もあり、リーグ戦では4か月ゴールがないが、9月のルヴァン杯準々決勝広島戦では2戦3得点と不調が続いている訳ではない。2日名古屋戦以来、2戦ぶりの先発機会に「自分の役割をしっかり果たし、勝ち点3を取る事だけを考えたい」と、攻撃の活性化に全精力を傾ける。

 磐田はこの一戦に敗れると、J2降格が決まる。「相手は全員が全力でぶつかってくると思うので。絶対に難しい試合にはなる」とロペスは警戒する。ただ相手の圧に屈する気は毛頭ない。「気持ちで負けないことが第一。そのための準備をしっかりしていきたい」。戦う姿勢を前面に押し出し、主導権は渡さない。

 22日時点でリーグ戦のゴールは9。2017年に広島で挙げた2桁10得点は、視野に入っている。「自分たちの戦いができれば、必ずいい結果は得られる」。今季チーム最多の5点を挙げる札幌ドームで、ロペスが輝いた時、札幌の勝利は自ずと近づく。

(砂田 秀人)

 ◆具、韓国代表入りで自信…残り3戦勝つ

 〇…GK具聖潤(25)が世界舞台で得た自信を力に変える。韓国代表として14日にW杯アジア2次予選アウェー・レバノン戦、19日にはUAEで国際親善試合ブラジル戦に臨んだ。両戦とも不出場も、0―3で敗れたブラジル戦には「個人的にはやれそうな雰囲気はあった」と渡り合える手応えを感じ取った。磐田戦へ「今まで通りやることをやっていけば、残り3試合勝っていける」と自らを信じてピッチに立つ。

報知新聞社

最終更新:11/23(土) 10:09
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事