ここから本文です

【日本ハム】栗山監督、オフの「克己心」を選手に求める

11/23(土) 9:03配信

スポーツ報知

 日本ハムの栗山英樹監督(58)が22日、来季の巻き返しを目指すナインへ向けて「克己心(こっきしん)」を求めた。自身の欲望の心を抑える心、自制心を指す言葉。自身の現役時代のオフ期間の心構えについて「自分にだけはうそをつくなって、たった一言」と明かしつつ、「自分で決めたことくらいは守らないと。常に選手には言っているけど、一人になって『今日はしんどい』みたいのはなし。やるべきことはやる」と期待した。

 この日は札幌市内で行われた球団納会に出席。来季の打順の白紙を強調するなど、5位に終わった今季からの逆襲へ向けた構想も語った。「来年勝つことがこの屈辱を晴らすこと。捲土(けんど)重来。何も言わずに男は黙って結果を残せって話。こっちもしっかりと準備、勉強してやっていく」。4年ぶりの頂点を目指す戦いは、もう始まっている。(小島 和之)

報知新聞社

最終更新:11/23(土) 9:03
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事