ここから本文です

新藤兼人賞2019、金賞はドキュメンタリー「東京干潟」「蟹の惑星」の村上浩康へ

11/25(月) 12:00配信

映画ナタリー

2019年度「新藤兼人賞」の受賞者が発表され、金賞がドキュメンタリー「東京干潟」「蟹の惑星」の監督・村上浩康に決定した。

【写真】「メランコリック」ポスタービジュアル(メディアギャラリー他2件)

1996年に設立された「新藤兼人賞」は、「この監督と組んで仕事をしてみたい」「今後この監督に映画を作らせてみたい」というプロデューサーたちの観点から、将来性のある新人監督を選出する映画賞。多摩川河口の干潟を舞台にした連作ドキュメンタリーである「東京干潟」「蟹の惑星」では、小屋に10年以上住みシジミを獲るホームレスの老人と、15年にわたってカニの観察を続ける吉田唯義氏に迫った。

また銀賞には、深夜に“人を殺す場所”として貸し出される銭湯を舞台にした「メランコリック」の監督・田中征爾が選出。優秀な作品のプロデューサーや企画者をたたえるプロデューサー賞は「新聞記者」の河村光庸に贈られる。

2019年度「新藤兼人賞」の授賞式は、12月6日に東京・如水会館で実施予定。

■ 2019年度「新藤兼人賞」
□ 金賞
「東京干潟」「蟹の惑星」村上浩康

□ 銀賞
「メランコリック」田中征爾

□ プロデューサー賞
「新聞記者」河村光庸

最終更新:11/25(月) 12:00
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事