ここから本文です

NMB太田、涙の卒コン「皆さんと出会えて良かった」 須藤凜々花さんの姿も

11/25(月) 21:05配信

デイリースポーツ

 NMB48・太田夢莉(ゆうり、19)の卒業コンサート「太田夢莉卒業コンサート~I wanna keep loving you!~」が25日、神戸市のワールド記念ホールで行われた。太田らNMBメンバーが参加し、「純情U-19」、「欲望者」、「夢は逃げない」など全31曲で6000人の観衆を沸かせた。

 終始、すさまじい「ゆーり」コールを浴びて出ずっぱりだった太田は、互いに「信友」と呼び合う谷川愛梨(23)との「友達」を涙ながらに披露。3期生とのコラボでも感極まり、涙がこぼれた。

 「ショートカットの夏」では、ゲスト出演したAKB48とSTU48兼任の岡田奈々(22)と元気よくパフォーマンス。吉田朱里(23)、村瀬紗英(22)、渋谷凪咲(23)との女子力ユニット「Queentet」では、女性ファンから黄色い歓声を浴びた。

 メンバーからも慕われる存在だった。キャプテンの小嶋花梨(20)は、17日に東京で行われた太田のソロコンサートを夜行バスで10時間かけて鑑賞しに行ったことを明かした。同じ3期生の加藤夕夏(22)が、かつてホテルで同部屋の時は一緒に入浴していたと振り返ると、谷川から「今はみんなと温泉入ろうかという時に『私はパス』っていう感じ」と“成長”を暴露された。

 また、卒業メンバーで芸能界を引退した須藤凜々花さん(23)の姿がスクリーンに映し出され、会場がどよめく場面もあった。

 2016年7月にOGの渡辺美優紀(26)がこの会場で行った卒業コンサートを見て、「いつかたくさんの人に見送ってもらえるアイドルになりたい」と“最後の晴れ舞台”に憧れたという。夢が実現した太田は「まさか本当にこんなにたくさんの人に見送っていただけるとは思ってなくて」と、感謝の思いを伝えた。

 ラストの曲は太田がセンターを務める最新シングル「初恋至上主義」で、全力でパフォーマンスした太田は、集合したメンバーからメッセージ付きで送り出された。ステージの中央に上がると「本当に皆さん、ありがとうございました」と頭を下げた。

 「アイドルの大変さも楽しさも分かった。皆さんと出会えて良かった」。12月1日に20歳を迎える太田。10代最後の日となる30日に大阪・なんばのNMB48劇場で卒業公演を行い、アイドル人生に別れを告げる。

最終更新:11/25(月) 21:51
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事