ここから本文です

武豊マイラプソディは「間違いなく…」 コントレイル1強にあらず【京都2歳S回顧】

11/25(月) 17:04配信

優馬

競馬専門紙「優馬」佐藤直文のレース回顧

 前半1000mが60秒4と、少頭数の2歳戦としては適度な流れ。展開による紛れもなく、各馬が力通りという着順になったように思う。

 マイラプソディは、序盤は後方で折り合いを付けてジックリと構え、3コーナー手前から徐々にポジションを上げて4コーナーでは射程圏に。京都内回りを意識した形の運びだったが、ラスト1ハロンで2着馬を並ぶ間もなく交わしての完勝だった。直線を向いたところで一瞬反応が悪くなり、鞍上武豊Jのステッキが2発入ったあたりが、今後の課題かもしれないが、間違いなくクラシックを賑わせる一頭が、先週のコントレイルに続き出現したと言えよう。

 2着ミヤマザクラは、勝ち馬には完敗の形だが、3着以下の差を広げて、前走のレコード勝ちに恥じない走りであった。ディープ産駒ではあるが、速い脚よりも長くいい脚を使うタイプで、距離はまだ延びて良さそう。オークスあたりでは期待できそうだ。

 3着ロールオブサンダーは、淀みのないペースの逃げで自分の競馬に徹したが、上位2頭とは力の差があったか。今後の成長を待ちたいところだ。

 4着トウカイデュエルは、後方から直線でよく差を詰めていたが、もう少し時計のかかる馬場が理想のタイプか。

 ヒシタイザンは、ハナへ行き切れず気負いが目立つ走りだったが、ここまで大きく負けるのは2000mは少し距離が長いのかもしれない。

最終更新:11/25(月) 17:04
優馬

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事