ここから本文です

アルファードより大きい! トヨタ 新型高級ミニバン「グランエース」12月発売

2019/11/25(月) 18:05配信

MOTA

噂の高級ミニバンが遂にデビュー!

トヨタは、新型車「グランエース」を2019年12月16日より発売する。価格は620万円~650万円(消費税込み)。

■これは驚きの高級感! グランエースの内外装を画像で見る(36枚)

グレードは、3列シート6人乗りの「Premium」と、4列シート8人乗りの「G」の2つを設定。セミボンネットのパッケージを採用し、上質な室内空間と、静粛性や走行安定性など磨き抜かれた基本性能の高さが特徴のフルサイズワゴンとなっている。

迫力&存在感のある外観デザイン

■強い押し出し感を演出するフロント&リアビュー
新型グランエースの外観は、金属調加飾の大型ラジエーターグリルがヘッドランプと融合し、上下・左右方向に張り出すことで、華やかかつ、強い押し出し感を演出した存在感あるフロントビューとなっている。
またグリル枠と連続し、ヘッドランプに突き刺さる特徴的なLEDデイタイムランニングランプと、クロム加飾フレームで囲んだプロジェクター式2眼LEDヘッドランプが高級車に相応しい先進性を強調している。

リアデザインは、フロントデザインと呼応すリアコンビネーションランプのLEDの光の帯が先進性を強調。上方向を指し示す特徴あるデザインのリヤコンビネーションランプとバックドアガーニッシュを組み合わせ、高い位置にレイアウトすることで堂々とした風格を表現した。

■ワイドなのに取り回しが良い
全長5300mm、全幅1970mmのワイドなサイズにも関わらず、最小回転半径5.6m(17インチタイヤ装着時)を達成。最適なステアリング切れ角とギア比の設定により、タイヤの滑らかな動きを可能とし、市街地での取り回しの良さを実現した。

ゲストをもてなす室内空間

■3列シートと4列シート
3列シートのPremium(グレード)は、2列目ならびに3列目の4席に、ゆったりとくつろげる専用のエクゼクティブパワーシートを採用。
座り心地の良さに加えて、ロングスライド機構やパワーリクライニング機構、パワーオットマン、快適温熱シート、格納式テーブルなどを装備し利便性や快適性の良さも追求した。

4列シートの「G」は、2列目にエグゼクティブパワーシート、3列目にレバー操作でシート調整可能なリラックスキャプテンシートを設定。
4列目には、ワンタッチで座面が跳ね上がる6:4分割チップアップシートを採用するなど、乗車人数や手荷物の量にフレキシブルに対応した。

■大人の上質感を演出
ブラックを基調とした低くワイドなインストルメントパネルは、空調吹き出し部に金属調加飾を、助手席正面に木目調加飾を配して華やかさを演出。メーターフードには表皮巻きと本ステッチを実施するとともに、ステアリングホイールには本革を使用し木目調加飾と組み合わせるなど、上質なインテリアを追求した。
また後席は、フロントシート背面からサイドトリムに向かって配した木目調加飾や、加飾に沿って優しく灯されるLEDサイドカラーイルミネーションなど、クールさの中にも落ち着きのある大人の上質感を演出している。

1/2ページ

最終更新:2019/11/25(月) 18:05
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事