ここから本文です

山口、霜田正浩監督の来季続投を発表「来年も一緒に戦ってください」

2019/11/25(月) 11:24配信

SOCCER KING

 レノファ山口FCは25日、霜田正浩監督の来季続投を発表した。来季が3年目の指揮となる。

 続投決定にあたり、霜田監督は山口のクラブ公式HPでコメントを発表。来季に向けて意気込みを述べた。

「レノファを愛する皆様へ。今年1年間、レノファ山口への応援、本当にありがとうございました。小野田でも維新でもアウェイの地でも、皆さんの応援は本当に励みになりました。もう1年、レノファを強くするための時間を頂きました。若い選手たちを鍛え成長を促しながら同時にチームを強化していく、というミッションの難しさを痛感させられた1年でありました」

「結果もそうですが、非常にもったいない試合をしてしまうことが多く、皆さんの期待に応えられない辛さを感じ続けた1年でした。ただその中でも、レノファがこういうサッカーをやるという志だけは、ブレずに続けてきたつもりです。選手たちも毎日意欲的に練習に取り組んでくれ、大きな成長を見せてくれた選手たちもいます」

「来年の準備を今日から始めます。今年の悔しさを晴らすための1年にします。良いフットボールを追求しながら結果にもこだわる厳しさを持って、皆さんに誇りに思ってもらえるようなチームにするために全力を尽くします。来年も一緒に戦ってください。よろしくお願いします」

 現在52歳の霜田監督は現役時代にフジタ工業、京都紫光クラブ、横河電機でプレーし、1994年から指導者としてのキャリアをスタートさせた。京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)でユースチームの監督、FC東京やジェフユナイテッド市原・千葉のトップチームヘッドコーチを務めた。

 2009年からは日本サッカー協会で活躍。代表強化担当や技術委員長を歴任した。2017年8月にはベルギー1部のシント・トロイデンのコーチとして渡欧していた。そして、2018シーズンから山口の指揮官に就任。今季の明治安田生命J2リーグは13勝8分け21敗の勝ち点「47」、15位でシーズンを終えた。

SOCCER KING

最終更新:2019/11/25(月) 11:24
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事