ここから本文です

韓国人指揮官を侮辱か…西野監督がコーチの行動を謝罪

11/25(月) 20:15配信

ゲキサカ

 タイ代表の西野朗監督がGKコーチの行動について、ベトナム代表に謝罪した。韓国『朝鮮日報』が報じている。

 西野監督率いるタイは19日、カタールW杯アジア2次予選のG組第6節でベトナムとアウェーで対戦し、スコアレスドローに終わった。試合後、両チームの選手やスタッフが挨拶を交わした際に、タイのGKコーチを務めるセルビア人のサシャ・トディッチ氏の行動が物議を醸していたようだ。

 同紙によれば、トディッチGKコーチはベトナムを指揮する韓国人のパク・ハンソ監督が目の前に来ると、右手を胸の高さに持っていき、手の平を下に向けて笑ったという。これを見たパク監督はトディッチGKコーチに強く抗議。西野監督や両チームの関係者が仲裁に入り、その場を収めた。

 このトディッチGKコーチのジェスチャーに対し、自分より背の低いパク監督を嘲笑する意図があったのではないかと指摘する声もあったが、本人は「G組1位のベトナムが、タイにすぐ1位を明け渡すことになると表現したんだ」と釈明している。

 しかしベトナムサッカー連盟(VFF)は、トディッチGKコーチの行動が人種差別禁止規定に抵触するかどうか判断してほしいとアジアサッカー連盟(AFC)に提訴したようだ。

 そうした中、西野監督はフィリピンのマニラで開催される東南アジア競技大会の記者会見で「(ベトナム・ハノイの)ミーディンスタジアムで起きたことについて、もう一度パク・ハンソ監督にお詫びの言葉を伝える」と、トディッチGKコーチに代わって公式に謝罪。続けて「パク・ハンソ監督は素晴らしい指導者。私たちは以前からお互いを知る良い友達だったので、(コーチの行動は)残念だった。パク監督をリスペクトしているし、仲間たちと一緒に成功してほしいと思っている」とコメントし、騒動の沈静化を図った。

最終更新:11/25(月) 21:48
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ