ここから本文です

那覇空港第2滑走路、来年3月26日に供用開始

2019/11/26(火) 10:59配信

琉球新報

 【東京】国土交通省は26日午前、那覇空港の第2滑走路を2020年3月26日に供用開始すると発表した。また、滑走路の増設に合わせて整備を進めている新管制塔の運用を20年1月15日から始めるとした。

 那覇空港は現在、滑走路の処理容量13万5千回に対し、実際の発着回数は16万回を超え、過密化が進んでいる。第2滑走路の運用により、政府は処理容量を24万回まで引き上げる方針を示している。

 同日午前の閣議後会見で赤羽一嘉国土交通相は、先日の視察でも工事が進んでいることを確認したと報告し、「那覇空港が沖縄と国内外を結ぶ人流、物流の拠点としてさらに重要な役割を果たし、観光客の受け入れ拡大や利便性向上につながることを期待したい」と話した。【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:2019/11/26(火) 10:59
琉球新報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事