ここから本文です

巨人・陽岱鋼、現状維持の3億円でサインも「悔しいシーズン」

2019/11/26(火) 12:27配信

デイリースポーツ

 巨人の陽岱鋼外野手が26日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の3億円で契約を更改。来季もフルイニング出場を目標に掲げた。(金額は推定)

 今季は「5番・右翼」で開幕スタメンに名を連ねたが、途中出場が多かった。110試合で打率・274、21打点。「僕にとって、今年は悔しいシーズンでした。もっともっと、上を目指して、来年はいいシーズンにしたい。フルイニングもありますし、野球をやっている以上はレギュラーを」と力を込めた。

 今オフはふるさとの台湾などで、柔軟性を意識した自主トレーニングに励む予定。「ウエートよりは体の柔軟性、可動域をとか、そういうところを基本的にしっかりやっていきたい」と決意。ライバルの多い、外野のレギュラーの一角を固定するため、しっかりと練習に取り組む。

最終更新:2019/11/26(火) 12:38
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事