ここから本文です

トルコ、観光客誘致へ政策転換、予算を大幅拡大でアジア市場に焦点、消費額高い商品開発へ

11/26(火) 13:01配信

トラベルボイス

トルコ文化観光省は建国100周年にあたる2023年に向け、同年の観光客数7500万人、観光収益650億ドルをめざす観光戦略を発表した。観光客一人当たりの支出を増加し、平均宿泊日数を9.9~10日に、一晩当たりの支出を約86ドルにすることで、実現を目指す。

これに向け、トルコ文化観光省内にトルコ観光広報・開発庁を設置。今後は同庁を通じ、観光プロモーションを積極的に行なう政策転換を決定した。プロモーション予算は2018年の1800万ドルから2019年には7200万ドルに拡大。2020年には1億800万ドル、20023年には2億2000万ドルにまで引き上げる方針だ。

ターゲット分野は「グルメ」「教育」「スポーツ」「宗教」「3世代旅行」「MICE」「フェスティバル、イベント」「クルーズ/ヨット」を掲げ、高い消費額を見込める新商品の開発に取り組む。トルコ全土での新博物館・美術館を開館していくほか、新たに着手する自転車旅行のルート開発から自転車に優しいホテルの拡大、宗教ツーリズムでは、「トルコのデジタル宗教マップ&ポータル」の導入などを予定している。

また、ターゲット市場では新興の極東と太平洋諸国として中国、インド、韓国、日本に重点を置きつつ、中欧や東欧市場の開拓を図る。特にアジア太平洋地域には直行便の整備を行ない、2018年から2023年にかけて平均30%以上の観光客数の増加を目指す。2019年には約100万人、2023年には400万人の来訪を見込む。なかでも、中国と日本、インド、韓国では相互協力に努め、ターキッシュ・エアラインズとの連携によるプロモーションも展開する方針だ。

トラベルボイス編集部

最終更新:11/26(火) 13:01
トラベルボイス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事